「チャンネル登録お願いします!」 ユーチューバーの必死の願いも虚しく…

「チャンネル登録お願いします!」 ユーチューバーの必死の願いも虚しく…

「チャンネル登録お願いします!」 ユーチューバーの必死の願いも虚しく…

(?ぱくたそ)

ユーチューバーが動画の最後に「チャンネル登録、お願いします』と言うのは、もはや定番である。なぜ彼らは、そこまでしてチャンネル登録してほしいのだろうか。

■半数以上がチャンネル登録せず

しらべぇ編集部では全国20〜60代のYouTubeを観たことがある男女1,186名を対象に、「チャンネル登録」についての調査を実施した。

「YouTubeのチャンネル登録はしていない」と答えた人は、全体で59.7%と半数を超える割合に。YouTuberがどれだけお願いしても、登録する人はわずかなのだ。

■チャンネル登録するのは若い世代

年代別では、20代が唯一半数を切っている。

動画が身近な世代は、チャンネル登録も気軽にする。

「好きなユーチューバーの動画を、いっぱいチャンネル登録している。新しい動画がアップされたときに、見つけやすくなるから。でも一番の理由は、YouTuberにお願いされるからかも」(20代・男性)

■チャンネル登録の必要性が感じられない

一方で年代が上がると、チャンネル登録の必要性をあまり感じない人が多くなる。

「新しい動画がアップされたらいち早く観たいと思うような、好きなチャンネルはとくにない。好きなミュージシャンのMVやハウツー動画などをたまに観るけど、検索で十分」(30代・女性)

ユーチューバーの真似をして、自分で動画をアップする子供も増えている。

「YouTuberのおもしろさは、おじさんたちにはわからないから。ただ、うちの高校生の息子が底辺ユーチューバーやってた頃には、唯一チャンネル登録してみたけど…」(40代・男性)

■チャンネル登録のメリットが大きいのは投稿者側

YouTubeのチャンネル登録は、視聴者よりも投稿者へのメリットが大きい。YouTubeで広告を表示し収益化する条件の一つに、「チャンネル登録者数1,000人以上」があるのだ。

またチャンネル登録者数は、人気の高さを示す役割もある。登録者数が多いほど、企業とのタイアップも得やすいのだ。

「好きな動画をいつもアップしてくれる人には、応援の意味でチャンネル登録している。Twitterやインスタで、『いいね』を押すのと同じような感覚かな」(20代・女性)

チャンネル登録者数は、ユーチューバーが勝ち残るための大きな指数となる。それを考慮すれば、動画の最後でチャンネル登録をお願いするのも納得できる話だ。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日
対象:全国20〜60代のYouTubeを観たことがある男女1,186名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)