JAL副機長、搭乗前にアルコール検出で英国警察が拘束 日本航空は公式HPでお詫び

記事まとめ

  • 日本航空の国際線の副操縦士から基準超えのアルコールが検出され、乗務できなくなった
  • 問題となった便はヒースロー空港発、羽田行きのJL44便で、約1時間遅れて出発した
  • 運行の遅延を受け、日本航空は公式ホームページにお詫び文を掲載した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております