子供に自分の夢を託すのは正しいのか? トップアスリートにも多いけれど…

子供に自分の夢を託すのは正しいのか? トップアスリートにも多いけれど…

子供に自分の夢を託すのは正しいのか? トップアスリートにも多いけれど…

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

職業選択の自由は憲法で定められているが、それを許さない親がいる。自分が果たせなかった夢を子供に託し、厳しく指導するのだ。

■6割近くが子供に夢を託すのに反対

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、「夢について」の調査を実施。

「自分の夢を子供に託すのはよくないと思う」と答えた人は、全体で58.5%と6割に迫る高い割合に。テレビでは美談に描かれていても、あまり快く思っていない人のほうが多いのだ。

■いい大学を出ることを託され…

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

自分が夢を託されて、嫌な思いをした女性も。

「うちの母は自分自信が学歴コンプレックスを抱いているために、私に勉強していい大学に行かそうと必死だった。友達に遊びに誘われても塾のため断ることもあり、そのせいで勉強がだんだんと嫌いに。

結局それなりの大学を出たけれど、母はもっといいところに行かせたかったみたい。そんな経験しているから、子供には好きなことをさせるのが一番いいと思っている」(20代・女性)

■トップアスリートにも

子供が嫌でないならば、やらせてみるのはいいとの意見も。

「子供のときからやらせてみて、楽しんでいるならいいと思う。そこでスパルタになったり嫌がったりしているのに続けさせるのは、かわいそうだからやめて欲しい。

僕も子供に自分の好きな音楽をいっぱい聴かせていて、それも同じようなことだろうし」(40代・男性)

トップアスリートは、親から厳しく指導された人も多い。

「トップアスリートにも多いから、成功する例もたくさんあるんだと思う。選手としてある程度の地位にいた親なら、指導もいいだろうし。そんな家だと、他の道とか考える隙さえなさそう」(20代・男性)

■家業や宗教も親に託されると…

自営業や会社経営など、家業を継ぐのもうれしいことばかりでない。

「家業を継ぐのも、同じ類の話に入るかもしれない。本当は他の業界に行きたいのに、それを許されないって環境が子供の頃からあるのは、かなりきつい気がする」(30代・男性)

大きな意味では、宗教も夢を託すことに入るのではとの意見も。

「ちょっと話がずれるかもしれないけど、親が新興宗教の信者の場合も大きい意味では含まれるのでは? 望まなくても、勝手に自分も信者にされているパターンが多いと思う。

大人になってから、親と宗教の間で悩んでいる人が身近にいるので…」(30代・女性)

子供の意見も、ちゃんと汲み取ってあげるのが大切である。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,537名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)