女性は「好意のない男性」にも思わせぶりな態度を取るもの? 若い世代では驚きの結果に

女性は「好意のない男性」にも思わせぶりな態度を取るもの? 若い世代では驚きの結果に

女性は「好意のない男性」にも思わせぶりな態度を取るもの? 若い世代では驚きの結果に

(DKsamco/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「ボディタッチが多い」「また会いたいと言われる」など、女性の好意的な態度から「自分に気があるのかもしれない」と思ってしまうことがある。
しかし、いざ告白したら「自分の勘違いだった」…という経験がある男性も少なくないだろう。

■4人に1人が思わせぶりな女性

しらべぇ編集部では、全国の20〜60代女性750名を対象に調査を実施。その結果、全体の23.3%が「好意がないのに思わせぶりな態度をとる」と回答している。

4人1人の割合で、恋愛対象ではない男性に、思わせぶりな態度をとっていると考えると恐ろしい数字だ。勘違いをしてしまう男性が多いことにも頷ける。

■若い世代はちやほやされたい?

さらに、この思わせぶりな態度をとっている女性を年代別にみると、その実態が明らかになった。

もっとも高いのが、20代で32.7%。30代が30.0%と続き、若い世代に目立つ結果に。 一方で、もっとも少ないのが60代で15.3%。40代を境にその割合はガクッと下がり、50代以降は1割代と20代の半数を下回ることが判明。

「若いうちが花」といわれるように、20・30代は男性から声をかけられる機会が多い。また、結婚を意識する世代でもあるため、いい男をキープしたいと考え、つい小悪魔になってしまうのかもしれない。

■「いい印象を残しておきたいから」

今回の調査結果で、「思わせぶりな態度をとる」と回答した女性にその理由を聞いてみたところ…

「女性として魅力があるか試してみたいから」

「異性には好かれたいもの。それに『思わせぶりな態度』は女性の処世術のようなもの」

「ちやほやされるのは若いうちだけだろうから…」

「相手に自分の印象を悪く持たれてくないし、気まずくなりたくないから」

「今は好意がなくても後に好きになるかもしれない。いい印象を残しておきたい」

「ちやほやされたい」という意見がある一方で、今後、いい関係を続けられるようにと、つい思わせぶりな態度をとってしまう人がいるようだ。

■相手を傷つけるリスクも

人は誰しも「モテたい」「ちやほやされたい」という思いを抱えているだろう。 しかし、何気ない「気のある素振り」が、時には誰かを傷つけてしまうかもしれない。

気持ちのいい人間関係を築くためにも、「思わせぶりな態度」のバーゲンセールは控えるべきだろう。

(文/しらべぇ編集部・桜花ななこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年9月19日(金)〜9月22日(月)
対象:全国20代〜60代 女性750名

関連記事(外部サイト)