森咲智美、ポロリ寸前ギリギリ衣装で魅了 愛人風カットは「相手といい感じに…」

森咲智美、ポロリ寸前ギリギリ衣装で魅了 愛人風カットは「相手といい感じに…」

森咲智美、ポロリ寸前ギリギリ衣装で魅了 愛人風カットは「相手といい感じに…」

「日本一エロ過ぎるグラドル」のキャッチフレーズをもとに、グラビア界を席巻している森咲智美が「2019年カレンダー」(トライエックス)をリリース。

以前しらべぇ編集部にも来訪してくれた彼女、カレンダーではどう魅せてくれているのだろうか。

■今回も衣装が過激すぎ

イベントに大きく胸元が開き、きわきわを攻めたハイレグカットの変形水着で登場した彼女、登場から圧倒的な「エロさ」を見せつけ取材陣を魅了する。

「もはや隠れている部分のほうが少ないのでは…」といった印象を受けるこの衣装。

ポイントを尋ねると「このカレンダーを買ってくれた方が黒字になりますように」との願いを込めて黒色に、そこに面積狭めで「下乳と横乳」を意識してチョイスしてきてくれたという。

■愛人風の作品!?

そんな今作は6月頃に伊豆にて撮影されたもの。テーマはズバリ「和」であるらしく、表紙からインパクトのある仕上がりを見せている。

本人曰く「愛人風な写真になってます」とのことで、「旅館で働いていた女将が、相手といい感じになってしまう…」と色っぽい演出もあるようだ。

また、カットの種類も様々で、「浴衣」から妖艶な「下着水着」へと展開する大胆なものがあれば、デート中にチラリと見える「さりげないエロさ」を表現したものまでもあるという。

■お気に入りのカットは…

彼女の一番のお気に入りは「5月のカット」だそう。

「一番森咲っぽいなって思っていて、面積も小さいですし、胸の形もいい感じに出ている」としつつ、「ヒヤッとするエロさが詰まっていて私は好きです」と話す。

なお、意外にもカレンダーのリリースは初めの彼女。しかし、そこはさすがの人気グラドル、作品を100点満点で評価してもらったところを、「120点で!」と自信を持って即答した。

■来年はマルチな活躍を

「カレンダー」ということで、今年一年の振り返ってもらった。

「『エロ過ぎる』を突き詰めてきたんですけど、色々と吸収し、チャレンジさせてもらえた年だなと思ってます」と自身の成長を感じているもよう。

そのため来年には「ドラマとかバラエティ、貪欲に森咲らしく『エロ過ぎる』感じでやっていきいたい」マルチな活躍を力強く宣言。

グラビアはもちろん、ほかのシーンでも彼女を見かける機会が増えること間違いないだろう。

【森咲智美(もりさき ともみ)】

生年月日:1992年8月12日/愛知県出身/サイズ:T160・B89(Gカップ)・W58・H88

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/HIRO)

関連記事(外部サイト)