物議を醸す記者会見での「記者の質問」 違和感を覚えている人が多い現状が浮き彫りに

「記者の質問に違和感」と回答63.7% テニスの大坂なおみが不快感を示すなど批判も

記事まとめ

  • 2018年は日本大学アメフト部前監督の会見やテニスの大坂なおみへの質問などが物議に
  • 全国の20代〜60代の男女への調査で「記者の質問に違和感を覚えたことがある」は63.7%
  • 「記者が傲慢になっている」「上から目線で攻め立て不愉快」などの批判的な意見も

物議を醸す記者会見での「記者の質問」 違和感を覚えている人が多い現状が浮き彫りに

物議を醸す記者会見での「記者の質問」 違和感を覚えている人が多い現状が浮き彫りに

物議を醸す記者会見での「記者の質問」 違和感を覚えている人が多い現状が浮き彫りに

(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2018年は、なにかと記者会見が物議を醸す年だった。

日本大学アメフト部前監督の会見では、記者の質問に憤慨した司会者とバトルを展開したことが話題に。ほかにもテニス・大坂なおみ選手が不快感を示すなど、会見での「記者の質問」が批判を浴びている。

なかにはネットで情報を自ら発信できる時代だけに、記者会見そのものの「意義」を問う声もでるほどだ。

■記者の質問についてどう思う?

記者会見での「記者の質問」について、世間はどう考えているのか。しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,537名を対象に調査を実施。

結果、「違和感を覚えたことがある」と答えた人は63.7%。かなり多くの人が、会見での記者の質問について疑問を持っている。

■年代別で見ると傾向が

「記者の質問に違和感を覚えたことがある」と答えた人を年代別に見るとはっきりとした傾向が出た。

世代が上がることに割合が上がり、50代は7割以上が「違和感を覚えたことがある」と回答。昭和の時代はコンプライアンス意識が低く、会見する人間の心情を無視するような質問もあった。そのことが影響しているのだろうか。

また、年齢層の高い会社経営者などが若い記者に強い口調で「やりこめられる」シーンも多いだけに、「礼儀がなっていない」と感じるのかも。

■違和感を覚えている人の意見は?

記者の質問に違和感を覚えているというNさん(50代・男性)に意見を聞いてみた。

「記者が『自分の質問に真摯に答えるのが当たり前』と傲慢になっている。日大アメフト部の元監督の会見についても、司会者の対応がまずいことは前提ですが、同じことを何度も聞く記者もどうなのかと。

不祥事を起こした相手に上から目線で対象を攻め立てる様子も不愉快。正直、質疑応答は要らないと思う」

■問題ないとの声も

一方、特に違和感はないという人Mさん(30代・男性)にも意見を聞いた。

「記者の質問は常識の範囲内。とくにおかしいとは思いません。たまに筋違いな質問をする記者もいますが、そういう人間はネットで叩かれ、信頼を失う。十分リスクを負っていると思う。

質疑応答がなくなってしまうと、会見者の『本心』が見えない。あえて心を揺さぶるような質問も、必要だと思う」

様々な声があるが、記者会見での質問に違和感を覚える人が6割存在することは事実だ。とんちんかんな質問を繰り返していると、いずれ「記者会見」自体がなくなってしまうかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,537名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)