男性に多い? トイレでおしっこしようとしたらなぜかうんちも出てしまう理由とは

男性に多い? トイレでおしっこしようとしたらなぜかうんちも出てしまう理由とは

男性に多い? トイレでおしっこしようとしたらなぜかうんちも出てしまう理由とは

(grinvalds/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

トイレに入るときは「おしっこがしたい」や「うんちがしたい」など、どちらをするか決めておくことが多いだろう。しかし思ったものと、違うものが出ることも…。

■4割以上が「おしっこと思ったらうんちも」

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、「トイレの利用について」の調査を実施した。

「おしっこをしようと便座に座ったら、うんちも出たことがある」と答えた人は全体で36.9%と、約3人に1人はいるようだ。

■男性に多い理由

性年代別では、20代以外のすべての年代で女性よりも男性の割合が多くなっている。

男性のほうが、お腹の弱い人が多いと言われている。

「家ではおしっこのときも座ってするために、腰を掛けた瞬間についおしりも緩んでしまう。そこに、おしっこを出そうと力を入れたら…。もともとお腹が弱いから、そんなことになるんだろうな」(40代・男性)

■女性は我慢して…

女性の場合、外出先で大をするのを避ける人もいる。ただ我慢していたのに、つい出てしまうこともあるようだ。

「外出先では臭いが気になるから、あまりうんちをしたくない。だから少し便意を感じていても、我慢しておしっこだけをしようとする。

その作戦が成功するときもあるけれど、たまに失敗することも。そんなときはだいたい、ちょっとお腹の調子がよくないとき」(30代・女性)

腸炎のときは、誰もが苦しい思いをするが…。

「腸炎になったときには、常に便座に座っていないとやばい状態に。そんな体調だと、どっちが出るかさえもよくわからなくなっていた」(20代・女性)

■メンタルが弱い人にも多い

メンタルが弱い人は、4割以上がおしっこをしようとしたらうんちも出たことがあると答えている。

メンタルが弱いと、お腹を壊しやすいのだ。

「仕事のストレスがマックスになり、お腹の調子が悪い日々が何日も続いた。その頃は便座に座ると、どちらからも出てしまう状態。転職して環境が変わったら、一発で治った」(30代・男性)

お腹が緩いと、起きやすい現象といえるだろう。ストレスを溜めずに油ものを控えることが、解決になりそうだ。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,537名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)