あの人があなたのこと…! 「悪口を捏造する人」のありえない行動3選

あの人があなたのこと…! 「悪口を捏造する人」のありえない行動3選

あの人があなたのこと…! 「悪口を捏造する人」のありえない行動3選

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

悪口は、直接目の前では言わないもの。誰かが自分の悪口を言っているのを知るのは、必然的に他人を通してになるだろう。

だが、「あの人があなたのことをこう言っていた」という話が捏造の場合もあるようだ。しらべぇ取材班は、人々に話を聞いてみた。

(1)気に入らないことを人に言わせる

「職場の先輩に、『あの人があなたの仕事のここが雑だって言っていたよ。私は全然気にしてないからそう? って言っておいたんだけどね』といつも言う人がいます。

最初はフォローしてくれたんだ、とむしろ感謝していたけれど…あまりにも毎回なので、自分が気に入らないことを人が言ったていにしているんだなと気づいた。

はっきりと言われるよりも、姑息に自分はいい人ぶりながら、まったく無関係な人を利用して遠回しに悪口をいう人間性にこわさを感じる」(20代・女性)

(2)仲間に引きずり込もうとする

「仲良くしている友達が嫌っている子がいましたが、私はその友達とも、その友達が嫌っている子とも仲良かったんです。

私がよくその嫌っている子とも遊ぶと知ったら、彼女は『あの子があなたのことこうやって言ってるみたいよ。あまり関わらないほうがいいよ』と、悪口を捏造。

彼女が嫌っている子はめちゃくちゃ良い子で悪口を言うような子ではない。自分側に引きずり込もうとしているんだな…と関わりたくなくなった」(20代・女性)

(3)人間関係を壊す

「あきらかに彼女が気に入らないことを『〇〇があなたのここが問題だと言っていたよ』と、人のせいにして伝えてきた子。

悪口を言っていたという人にはあまり関係のないことだったから、言い方的にも嘘をついているというか捏造なのかな…とは感じました。

『だれかがあなたの悪口を言っていたよ』と言うのは、本当に言っていた場合はいいけれど、もし嘘だったら罪のない人間関係を壊すからかなりあくどいと思う」(20代・女性)

■教えてもらって嬉しい人はどれくらい?

しらべぇ編集部が、全国20代〜60代の男女1363名を対象に調査したところ、「『あの人があなたの悪口言っていたよ』と教えてもらえたら嬉しいほうだ」と答えた人の割合は12.6%。

「あの人があなたのこと…」という言葉は、半信半疑で聞いたほうがいいのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日
対象:全国20代〜60代の男女1363名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)