小林よしのり氏スタッフと立憲民主党がバトル? 「アイヌヘイト論争」をめぐって

小林よしのり氏サイドが立憲民主党・坂上隆司氏に抗議文 福山哲郎氏の回答は火に油か

記事まとめ

  • 小林よしのり氏はかつて辻元清美氏から相談を受け「枝野幸男代表で新党を」と進言した
  • その小林よしのり氏のスタッフが立憲民主党・坂上隆司氏に公開質問状と抗議文を送った
  • 立憲民主党のTwitterがデマを引用し、福山哲郎幹事長も拡散させたと主張している

小林よしのり氏スタッフと立憲民主党がバトル? 「アイヌヘイト論争」をめぐって

小林よしのり氏スタッフと立憲民主党がバトル? 「アイヌヘイト論争」をめぐって

小林よしのり氏スタッフと立憲民主党がバトル? 「アイヌヘイト論争」をめぐって

『おぼっちゃまくん』や社会派漫画『ゴーマニズム宣言』の著者で漫画家の小林よしのり氏。

そのスタッフで長いこと小林氏を支えてきている時浦兼氏が、8日、立憲民主党の広報部長・坂上隆司氏に公開質問状と抗議文を送り、それをブログで公開。ネットが騒然となっている。

■立憲民主党の「生みの親」

小林氏といえば、昨年の総選挙で希望の党ができたとき、辻元清美衆院議員から相談を受け、「枝野幸男を代表にする新党をつくるべきだ」と進言。それが通って立憲民主党ができあがった。

まさに生みの親であり、総選挙では応援団を買って出て、大聴衆の前で応援演説も行った。枝野幸男代表とは薬害エイズが問題になっていた1995年以来、親交があり、枝野氏とも立憲民主党とも懇意にしてきたため、突然の抗議文は驚きをもって迎えられた。

■小林氏についてのデマ記事を立憲が拡散

時浦氏が立憲民主党に送った抗議文を一部引用しよう。

「すでにご存知のことと思いますが、貴党公式ツイッターアカウントは11月29日、文筆家・古谷経衡氏のネット記事『ネットを徘徊する怪物「差別的デマ」は、いま誰を餌食にしているのか』(「現代ビジネス」)を引用ツイートし、これを11月30日、福山哲郎幹事長もリツイートして拡散させました。

だがこの記事には、小林よしのりに関して極めて重大なデマが書かれています。記事では、2014年〜2015年頃に最盛期を迎えたネット右翼によるアイヌに対するヘイト運動について、『この運動の最前線に立ったのは、漫画家の小林よしのりであった』と断定しています。

しかし、小林がアイヌについて著作を行ったのは2008年から09年にかけてで、しかもその内容にヘイトを煽るような要素もなく、2014〜15年頃のヘイト運動の『最前線に立った』などという事実は一切ありません。

このようなデマで特定個人を『差別主義運動の先導者』として誹謗中傷する記事を、公党の公式ツイッターが取り上げ、幹事長がリツイートしたことは、大問題であると考えます。

立憲民主党は、辻元清美国対委員長がネットで根も葉もないデマを飛ばされ続けるなど、デマの被害に遭う場面が度々見られ、私共は同情しておりました。

特に小林は、辻元氏より相談され、デマは放置してはいけない、必ず反論して潰していかなければならないとアドバイスしたこともあります。そんな立憲民主党が、このような極めて悪質なデマの拡散に加担したことには、憤りを禁じ得ません」

■古谷氏の論説とは

古谷経衡氏は11月29日、講談社系列のニュースサイト『現代ビジネス』で『ネットを徘徊する怪物「差別的デマ」は、いま誰を餌食にしているのか』という記事を書いた。

問題となったのが下記記述である。古谷氏は在日特権の理論が破綻し、アイヌ特権・攻撃にネトウヨが移ったと論を進める。

「そこで(在日特権の)代わりに登場したのが『アイヌ特権』という新たなデマである。『民主党政権=在日政権』という巨大な敵を喪失したネット右翼が、次なる標的として苦し紛れに創作した、『在日』に代わる仮想敵――この動きは、おおよそ2014年〜2015年にネット右翼界で最盛期を迎えた。

『アイヌ特権』とは何か? それは、北海道の先住民であるアイヌ民族が、和人(日本人)に陵虐された、という被害者としての立場を利用して、様々なアファーマティブアクション(弱者集団への優遇措置)を享受している――という内容であった。

この運動の最前衛に立ったのは、漫画家の小林よしのりであった。小林は『アイヌ民族など存在しない』というトンデモな主張を繰り返し、『アイヌは北海道の先住民ではない』という妄想を漫画やブログで発表した」

「特に『アイヌ民族は存在しない』という持論については、学術的な根拠を何ら示さないばかりか、『殖産の時代、アイヌ民族は自らを「アイヌ」と自称していなかったから』という屁理屈を展開し続けた」

「民主党政権から第二次安倍政権へ――。本格的な保守政権への交代を経験し、『敵』を見失ったネット右翼界隈にとって、この『アイヌ特権論』はさしずめ『恵みの雨』であった。

結論からすれば、アイヌが北海道の先住民であることは近世以降のあらゆる歴史書からも自明で、ネット右翼界隈で繰り広げられた主張は近世史家、アイヌ研究者らによって一笑に付されている。

よりによって、彼らに特権など存在しないことは当然、わかりきったことである(私も北海道出身だが、アイヌ特権など聞いたことがない)。

が、「敵」に飢えていたネット右翼は、刹那この小林の『アイヌは存在しない』『アイヌは北海道の先住民ではない』というでっち上げに寄生し、俄かにアイヌへの呪詛を開始した」

■「でっち上げ」による攻撃

この記述にはいくつも問題がある。まず、「殖産の時代、アイヌ民族は自らを『アイヌ』と自称していなかったから」と小林氏が述べたことになっている。

しかし、筆者も小林氏がアイヌ論を書いた『ゴーマニズム宣言NEO2』を読んだが、そのような記述はない。小林氏の発言をでっち上げてまで攻撃する。滑稽極まりない。

次に「特に『アイヌ民族は存在しない』という持論については、学術的な根拠を何ら示さない」という部分。

『ゴー宣NEO2』では、小林氏が北海道で取材する様子や、アイヌ関連の専門書を買い込んで議論を進める過程、北海道ウタリ協会の『アイヌ史』編集委員も務めた文化人類学者の河野本道氏に直接会って、話を聞いていることも書かれている。

河野氏は、「もともと、『アイヌ民族』というのがあったわけじゃないんです。『樺太アイヌ』にしても『千島アイヌ』にしても自称じゃないんです」と述べている。

■時系列にも誤り

さらに、小林氏サイドを最も怒らせたのが、「(アイヌ攻撃が)おおよそ2014年〜2015年にネット右翼界で最盛期を迎えた」「この運動の最前衛に立ったのは、漫画家の小林よしのりであった」という記述だ。

小林氏の著作を読み返したが、同氏がアイヌを論じたのは2008〜2009年。2014年〜2015年にはアイヌ問題に言及していない。

精神科医の香山リカ氏とアイヌを巡って月刊『創』で論争したくらいだ。小林氏が2014〜2015年にアイヌヘイトの最前線に立ったと根拠を一切示さず書くのは、半ば妄想に近い。

■火に油を注いだ福山幹事長の回答

よしりんスタッフ・時浦氏が怒ったのは、立憲民主党の公式Twitterアカウントが、古谷経衡氏の記事を紹介した上に、立憲民主党の福山幹事長がリツイートしたからだ。

立憲民主党の応援団で指南役たる小林よしのり氏を攻撃する記事をTwitterで紹介するなど通常ならばあり得ない。そこで筆者は、4日の定例会見で、福山幹事長に問い質したところ、福山氏の答えはこうだった。

「公式Twitterでリツイート、これまでもいろいろな記事についてさせていただいています。それについては、全て賛同しているとか、全て事実だとかどうかという確認をしているわけではありません。

一方で、多様な論稿を紹介させていただくことで、いろんな考え、いろんなものがあるんだということを公式Twitter上でご紹介をさせていただいています。

ご指摘は承知しています。記事の内容に虚偽があるというご指摘については、受け止めさせていただきますが、記事の内容については逆に、執筆者の方に当たっていただければと考えます」

つまり、小林よしのり氏に対する虚偽の記事を立憲公式アカウントや福山幹事長がリツイートしたことを認めたのだ。なのに、立憲も福山氏もツイート・リツイートを放置したまま。小林サイドが看過できるわけがなかろう。

小林氏の事務所が抗議をしたことで果たして展開はどうなるのか。無視し続けるのか、謝罪してお詫び文を出すのか。前者の場合であれば、小林氏が立憲民主党から離れることは確実である。

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二)

関連記事(外部サイト)