なんでこの時間に持ってくる!? 通勤通学時間の旅行カートに「イラッ」

なんでこの時間に持ってくる!? 通勤通学時間の旅行カートに「イラッ」

なんでこの時間に持ってくる!? 通勤通学時間の旅行カートに「イラッ」

(PRImageFactory/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

国内・海外旅行や実家への帰省など、年末年始に出かける予定を立てている人もいるのでは。長期の旅行になれば、どうしても旅行カートが必要になってくる。しかし、混雑した電車では周りの邪魔になってしまうことも…。

■通勤電車は約4割が「迷惑」

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,363名を対象に「旅行カート」について調査したところ、「通勤通学電車に旅行カートを持って乗るのは迷惑」と回答したのは全体の38.0%。

3人に1人は、「わざわざ大きな荷物持って、混んでる電車に乗らなくても…」と感じているのだ。

■50代が一番…

男女年代別で見てみると、男女ともに50代がもっとも高く、ほぼ半数の人が「迷惑」だと感じている結果に。

反対に最も少ないのは20代。全年代で唯一、3割を切っている。

■「迷惑」の理由は?

なぜ「迷惑」と感じるのだろうか。

「わざわざ混んでる時間に電車に乗ったうえ、でかいカートを堂々とドアの前に置いて進路妨害する人が多すぎる。早めに出るとか、時間ずらせばいいのにといつも思う。

テンションが上がっていたのか、手を離していた人のカートに足を轢かれたこともある。正直、迷惑です」(50代・男性)

「ビジネスマンとかは自分の体にぴったりつけたり、壁につけたり、人の迷惑にならないようにしてますよね。

そんなに大きいの必要なの? 人でも入れてる? ってサイズの旅行カートを使っている人に限って、邪魔なところに置く。扱えないならタクシー乗って欲しい」(40代・女性)

こうした「扱えていない」「周囲を気遣っていない」カート使用者が目立つため、混んでいるときに旅行カートを持ち込むなんて! と感じるようだ。

では、使用している側はどう思っているのだろうか。

■「仕方なく…」の声も

「日帰り出張が多く、その度に大量の自社商品を持って移動する。そのため、通勤時間に重なるし、カートが必須なんです。

なるべく車両の端っこ・壁際をキープしたり、エレベーターを使ったり、人の迷惑にならないようにしていますが、『他人からしたら邪魔だよな』とは思いますね」(30代・男性)

一方で、実際に迷惑をかけてしまった人も。

「海外旅行から戻ってきたとき、ちょうどラッシュにドンピシャで激混み。それなのに、旅行のテンションで友達とはしゃいでたら、人にぶつけてしまったらしく怒られた。あれ以来かなり気を使ってます…」(20代・女性)

できる限り時間をずらすなどの工夫をしたほうがお互いに幸せだが、どうしてもカートを持った状態で電車に乗ることもあるだろう。どんなに浮かれていても、「人に迷惑をかけない」ことだけは忘れないように。

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日〜 2018年9月3日
対象:全国20代〜60代の男女1,363名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)