デート中、彼氏の「ある行動」に不満の女性 体験談に「かなり冷める」「気遣いがない」

デート中、彼氏の「ある行動」に不満の女性 体験談に「かなり冷める」「気遣いがない」

デート中、彼氏の「ある行動」に不満の女性 体験談に「かなり冷める」「気遣いがない」

(Monkey Business Images Ltd/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

デート中に、相手の男性が気遣いできない人だと「がっかりする」という女性は少なくないはず。なかには、一気に冷めてしまう人まで。

女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」のとあるトピックが注目を集めている。

■奥側の席を譲れない彼氏

最近付き合い始めた彼氏(28)が、外食の際などに迷わずソファ側の席や、奥の席に座るという投稿者の女性。彼女自身は「相手にソファ側や奥の席を譲る、譲ろうとする」ことがマナーと思っていたため、少しだけモヤっとしたんだとか。

さらに気になったのが、自分以外の人と食事に行ったときの対応で、その際も同じ感じだったため「ちょっと恥ずかしいかな」と思ったという。そして、「今後のために教えてあげたい気もしますが、気にしすぎでしょうか?」と他のネットユーザーに尋ねたのだった。

■「気遣いがない」「冷める」

この投稿に対し、他のネットユーザーからは投稿者の彼氏の言動を非難する声が相次ぐことに。

・そんな小さい男やだー

・わかる! 譲って欲しいよね

・気を遣えない男と思ってかなり冷めるかな

・うーん、気遣いないなぁって感じる。旦那はいつも私にソファー譲ってくれるよ

■「自分が座る前提」に疑問も

しかし、一方では投稿者の考えに対し、「なんで自分がソファに座る前提?」などの声も。

・なんで自分がソファに座る前提なの?

・ソファー席は女子用の席!!! って踏ん反り返ってるのもどうかと思う

・わたし、ソファー席より椅子のがトイレのときとか出やすいからそっち座りたい

・すごいな。そんなの考えたこともなかった

■若い男性ほどレデイーファーストに難?

しらべぇ編集部では過去に、レディーファーストについていくつかの調査を実施。たとえば、「女性と店内に入る際は、自分が先にドアを明け、女性が入るまで押さえている?」という問いに対して、「いつもする」と答えた男性は3割弱だった。

年代別にみると、若い男性ほど該当率が低いことも判明。

少なくない女性にとって、重要なこの手の紳士さ。しかし、恋愛経験や人生経験に乏しいこともあり、残念ながら自然とできる同年代の男性はそこまで多くないのが現実なのかも。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年12月20日〜2015年12月24日
対象:全国20代〜60代の男性678名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)