若者の演歌離れどころじゃない? 「好き・嫌い」を聞いてみると年代で偏りが

若者の演歌離れどころじゃない? 「好き・嫌い」を聞いてみると年代で偏りが

若者の演歌離れどころじゃない? 「好き・嫌い」を聞いてみると年代で偏りが

(magicflute002/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

長きに渡り日本の音楽界を引っ張ってきた演歌。今年は「平成最後」ということで、『紅白歌合戦』(NHK)に同番組からの引退を表明していた大御所・北島三郎が登場、「祭り」を熱唱する予定だ。

さらに30日の『輝く!レコード大賞』(TBS系)や31日の『年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)などにも、多数の演歌歌手が出演。年末は演歌が活気を見せる時期といえる。

■演歌不要論を叫ぶ人も

そんな演歌だが、昨今は愛好する人が減っているといわれる。『紅白歌合戦』や『レコード大賞』では最近のアーティストに混じって演歌歌手も奮闘しているが、「知らない」といわれてしまうことも多く、「不要論」を唱える人も。

その一方で、シニア世代を中心に演歌を楽しみにしている人も少なくないだろう。

■演歌についてどう思う?

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,593名に演歌について調査を実施。

結果、「大好き」と答えた人はわずか4.8%。「まあまあ好き」が24.9%で、演歌が好きと考えている人は29.7%にとどまった。

一方「あまり好きはない」が43.9%、「嫌い」は26.5%。合わせて70.4%が演歌を好んでいない。関係者にとってショッキングなデータかもしれない。

■性年代別で傾向が

さらに演歌を好んでいる人を性年代別に見ると傾向が。

ほぼすべての世代で「嫌い派」が上回るが、60代男性だけは好きな人が50%を超える。近年「若者の演歌離れ」などといわれるが、実際は60代男性以外「すでに離れている」ようだ。

■演歌の魅力とは?

演歌が好きだというIさん(60代・男性)に魅力などを聞いてみた。

「演歌は時代遅れなどといわれますが、北島三郎の『与作』や山本譲二の『みちのくひとり旅』など、良い作品は現在でも知っている人は多いし、サビを口ずさむことができる若者もたくさんいます。

歌いやすく、日本人の感情をストレートに歌にしている点が良さだと思う。また、演歌は日本独自の音楽。流行っていないのは事実でしょうが、人々に受け継がれている名曲もある。もう少し、メディアが取り上げてくれたらいいのに」

年末は一年で最も演歌がスポットライトを浴びる時期。見るものを惹きつけるようなパフォーマンスで、ファンを増やしてもらいたい。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,593名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)