村上友梨がグラドル卒業 介護福祉士の試験にむけ猛勉強中

村上友梨がグラドル卒業 介護福祉士の試験にむけ猛勉強中

村上友梨がグラドル卒業 介護福祉士の試験にむけ猛勉強中

介護の仕事とグラビアアイドルの二刀流で活躍する村上友梨ちゃんが、自身最後となるイメージDVD『エピローグ また逢う日まで』(イーネット・フロンティア)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

■最後のロケはベトナムで

29枚目にしてラストイメージとなる今作は、9月にベトナムで撮影されたもの。

ベトナムでのロケは今回が初めて。「3日間の撮影のうち、半日くらい休みがあったのでホテルのカジノで遊んで、バカラをやってみたんですけどまぁ負けました(笑)。ベトナムはタイに似ている感じで、めちゃくちゃ好きになりました」と思い出を振り返った。

いつもと違う特別なロケに緊張はなかったかと聞かれると「いつもと変わらず私らしく撮らせていただいたので、あまり緊張とかはなかったですね。結構色々やりきったって感じです」と答えた。

■青は自分のイメージカラー

今回は介護ならぬ看護師役を演じる友梨ちゃん。「リハビリ中の若い男の人のところに訪問看護にいくという内容で、リハビリを手伝うんですけど、だんだん回復してきて『そろそろ退院が近づいてきちゃいましたね…』みたいな感じのストーリーです」と紹介。

中でもお気に入りのシーンを尋ねると「看護師役で、下に着ていた青の水着がめちゃくちゃ好きで、胸もキレイに見えるのでおすすめです。青が私のイメージカラーだと思っているので、今日もこの色を着てきました」と語った。

■過去最大の露出に挑戦

大胆な露出にも挑戦したという本作。「表紙のシーンも見どころで、手ブラじゃないですけど初めてのシーツブラに挑戦したんですよ。私としてはかなり頑張ってみたシーンで、29枚目にして初めて上にまったく何も着ていないというのをやってみました。これが一番のおすすめではあるんですけど、お風呂のシーンでも前を外してみたりとか、ハイレグ水着とか、色々見どころは満載だと思います」とアピールした。

■資格が取れたら復帰するかも

今後の活動予定については「(タイトルが)『また逢う日まで』なので、もしかしたらまた復帰するかもしれませんけど、皆さん次第です(笑)。もしかしたら介護の現場でお会いする可能性もありますけど」と冗談を飛ばした。

現在は国家試験の勉強真っ只中ということで「今の夢が介護福祉士を取ることで、今年でグラビアを初めてからちょうど10年なんです。30枚まで出したかったっていう思いもあったんですけど、10年でキリよく次のステップに行きたかったし、そろそろ勉強もしないといけないので、一旦休止させていただきました。業界をやめるわけではないので、無事に資格が取れて自信がついたら、またTVとかの方向に行きたいと思ってます」と思いを語ってくれた。

【村上友梨(むらかみ・ゆり)】

1992年11月7日生まれ/T165・B89・W・H/血液型:A型/広島県出身/趣味:野球観戦/特技:野球のバッティング

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま)

関連記事(外部サイト)