子供の写真はインスタだけで十分? 年賀状をもらってもうれしくない理由とは

3人に1人は「年賀状はうれしくない」 子供の写真はインスタグラムで十分との声も

記事まとめ

  • しらべぇの調査で「年賀状をもらってもうれしくない」と答えた人は全体で29.1%
  • 性年代別では男女共に年代が若くなるほど割合が増えていて、まったく出さない人も
  • 子供の写真をインスタグラムで毎日アップ、年賀状でさらにアピールしないでとの声も

子供の写真はインスタだけで十分? 年賀状をもらってもうれしくない理由とは

子供の写真はインスタだけで十分? 年賀状をもらってもうれしくない理由とは

子供の写真はインスタだけで十分? 年賀状をもらってもうれしくない理由とは

(?ぱくたそ)

正月に毎年届く年賀状は、あまり会えない人からの近況報告の一面もある。しかし自分が出すとなると、手間がかかるために面倒に思っている人もいるだろう。

■3人に1人が「年賀状はうれしくない」

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に、「年賀状について」の調査を実施。

「年賀状をもらってもうれしくない」と答えた人は全体で29.1%と、約3人に1人もいることが判明したのだ。

■自分から年賀状を出すのをやめた男性

性年代別で見ると、男女共に年代が若くなるほど割合が増えている。

年賀状をまったく出さない人もいるようだ。

「数年前から、自分から年賀状を出すのをやめている。送ってくれた人にだけ返すようにしているけれど、最近はそれさえも面倒。『お互いにやめましょう』と約束すれば、楽ができるんじゃないかと考えてしまう」(30代・男性)

■忙しい年末に書くのは…

年賀状を書く時期は、年末の繁忙期と重なる。「そんな暇ない」と思っている人も、たくさんいるだろう。

「年末は仕事がめちゃくちゃ忙しいのに、年賀状の準備までしないといけないから憂鬱。仕事納めが終わってから取りかかる人もいて、遅れて届くことも多い。

私も大晦日に出したことがあるし、そこまでして年賀状を出す必要があるのか疑問に思えてきた」(20代・女性)

■SNSに子供の写真をアップしているのに年賀状も…

会社員と専業主婦(夫)を比べると、約13ポイントもの差がある。

子供がいる人たちにとって、年賀状はアピールの場になるのだ。

「自分が子供の成長を他人に見せたい願望があるから、子供の写真入り年賀状を送ってくる気持ちはわかる。お互いの子供の成長を見せ合う役目を、年賀状が担ってくれてるんじゃないのかな?」(30代・女性)

一方で受け取る側からは、子供の写真はもういいとの声も。

「私は独身なので、子供の写真を使った年賀状を送る気持ちがわからない。そもそもインスタで毎日のように画像をアップしているのだから、年賀状でさらに子供のアピールしないでほしい」(30代・女性)

スマホが普及した現在、年賀状のあり方はより変わっていくだろう。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,664名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)