「あけましておめでとう」と言いながら内心は… 正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方

「あけましておめでとう」と言いながら内心は… 正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方

「あけましておめでとう」と言いながら内心は… 正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方

(mitchii/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

正月はめでたいものだと昔から決まっている。「おめでとうございます」とのあいさつが行き交う中で、内心では正月を嫌っている人もいるかもしれない。

■正月が嫌いな人は少ない

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に、「正月について」の調査を実施した。

「正月が嫌いだ」と答えた人は、全体で17.9%。なんだかんだあってもめでたい日なので、嫌いな人は少ないようだ。

■高年齢層では男女間で意識差

性年代別で見ると、50代と60代で男女差が激しいことがわかる。

年代が高い人ほど、正月の慣習を大切にしている人が多いだろう。さらに、正月の準備は女性がする風潮が強い年代でもある。

「年賀状やおせちなど、正月前に準備しておくことがたくさんありすぎる。夫は年末の仕事が忙しいので手伝う暇はないみたいだし、毎年、一人で大変な思いをしている」(50代・女性)

「田舎に住んでいて、正月は親戚全員で集まるのが恒例行事。女性たちは料理やお酒の準備で忙しくしているのに、男性たちはひたすら飲んで酔っ払っているだけ。正月くらい、ゆっくり休ませてほしい」(50代・女性)

■義理の父母に気を遣うのが嫌

義父母の家に行くのが、憂鬱だと思っている人も多いだろう。

「夫の実家に行かないといけないのが、毎年、憂鬱で仕方がない。仲が悪いってわけではないけれど、やっぱり義実家は気を遣ってしまう。たぶんうちの親の前では夫が気を遣っているから、お互いさまなんだろうけれど」(30代・女性)

■親戚の子供へのお年玉

正月は、なにかとお金がかかる。中でも、お年玉に頭を悩まされる家庭が多いようだ。

「ちゃんと正月を迎えようと思ったら、とにかくお金がかかってしまう。ちょっと豪華なおせちを注文したら高いし、年賀状も地味にお金がかかる。

そしてうちの親戚は子供が多いために、お年玉の出費がかなり痛手。こちらは一人っ子だから、完全にマイナスだな…って考えちゃう」(30代・女性)

お互いにくつろげる正月を迎えられるように、夫婦で話し合いをしてみるのもよさそうだ。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,664名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)