イブの『月曜から夜ふかし』は「2018年オールスタースペシャル」 クリぼっちも抱腹絶倒

イブの『月曜から夜ふかし』は「2018年オールスタースペシャル」 クリぼっちも抱腹絶倒

イブの『月曜から夜ふかし』は「2018年オールスタースペシャル」 クリぼっちも抱腹絶倒

(CreativaImages/iStock/Getty Images Plus )

25日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は、「イヴの夜に2018年オールスタースペシャル」。今年の名場面を振り返る内容が放送された。

■街頭インタビューの愉快な人が総登場

番組はマツコ・デラックスと村上信五のスタジオトークが一切なく、オールスタースペシャル。まず放送されたのは、街頭インタビューの「面白い人々たち」。

2年で30キロ太り、彼氏と出かけていて「デブの臭いがする」と言われ悩む女性や「菊川怜が8人いる」と主張する男性、渋谷のラブホテル街に座り込み喘ぎ声を聞く女性2人など、今年話題となった人物が総登場する。

すべて過去に放送されたものだが、再度見ても面白いものだった。

■自由研究や間違い編も

続いては、「夜ふかし的自由研究」の総集編。物議を醸した「豊胸手術した胸はLEDライトを当てると光る」実験が放送され、改めてその事実に驚きの声が。

そして「人々の間違い編」では、「ひょっこりはん」の顔写真を見せられた高齢女性が「ぬらりひょん」、「藤巻さんの息子か本人」「藤井フミヤ」など、ありえないような間違いをしてしまい、見る者を笑わせる。

さらにBluetoothイヤフォンを見せられた高齢男性が鼻に突っ込む、女性が肩や足にお灸のように置くなど、勘違いをする様子が放送された。

■内容が大好評

クリマスイブに放送された「オールスタースペシャル」は、改めて『月曜から夜ふかし』の面白さを見せつけた形で、大好評だった様子。

とくに本来の趣旨とかけ離れ、「リア充が勝ち」という誤った風潮に傷ついた「クリぼっち」の人々からは「元気が出た」などの声も出た。

月曜から夜ふかしおもしろすぎる?
1人なのに爆笑しまくりで隣の部屋の人から苦情こないだろうか?
あー腹がよじれる??

— ぴっぴ (@_pyons_k) December 24, 2018

月曜から夜ふかし観ながら1人で爆笑してるクリスマスも幸せ?

— はるか (@___haaaaamuchan) December 24, 2018

今年のクリスマスは月曜から夜ふかし見て1人でバカ笑いするに限りますね!

— ???ひがさ?? (@higasa_30926) December 24, 2018

イブなのにイブらしくないしスカッとジャパンなくて萎えてたけど月曜から夜ふかしがあるのが救いだった?

— ?Sちゃん? (@secha_1219) December 24, 2018

月曜から夜ふかしの傑作編最高すぎた?ねんといけん、、

— な (@chachacha032) December 24, 2018

情緒不安定だったのに月曜から夜ふかし笑いすぎて安定した

— ありな (@nmd152) December 24, 2018

■『夜ふかし』が安心感を与えた?

日本では男女が「愛を確認し合う日」となっている風潮があるクリスマスイブだけに、「クリぼっち」の人々は少々寂しい気分になってしまい、「嫌い」と考えている人も多いと聞く。

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,342名に聞いた「クリスマス」について調査では、6割が好意的であるものの、3割が「嫌い」と回答している。

非リア充にとっては少々不公平感もあるクリスマスイブ。そんな夜、公平に笑いを届けた『月曜から夜ふかし』に安心感を得た人も多かったようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日
対象:全国20代〜60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)