国民的歌手・森山良子が「初体験でハマった」のは庶民的な人気店 驚きの私生活を告白

国民的歌手・森山良子が「初体験でハマった」のは庶民的な人気店 驚きの私生活を告白

国民的歌手・森山良子が「初体験でハマった」のは庶民的な人気店 驚きの私生活を告白

(画像は森山良子公式ツイッターのスクリーンショット)

20日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)は、今年、番組で放送され世間をザワつかせた場面を振り返る「世間がザワつく瞬間大賞」を開催。

「ザワワ大賞」と名付けられた大賞を選ぶ審査員を務めるのは、名曲『さとうきび畑』で「ざわわ」と歌い上げた国民的歌手・森山良子(70)。過去放送を観ながら、森山が驚きの私生活を明かし視聴者をザワつかせた。

■森山の初体験とは

70歳の現在も年間100回の全国コンサートを開催するなど精力的な活動をする森山。おぎやはぎ・小木博明の義母としても有名だ。

そんな森山が大ハマりしたのが、安価で串カツを楽しめる人気店『串カツ田中』。前から興味はあったものの、なかなか足を運ぶ機会が無く、最近になって小木家族と出かける機会を得たという。

森山は初めて経験した『田中』にハマり何度も足を運ぶようになったと明かし、「ニンニクフライ」がお気に入りだと笑う。

■激辛にも興味

小木の仕事を聞かれ「人を罵る仕事」と即答、『田中』にハマるなど、70歳とは思えない独特の感性を持つ森山。辛いモノも好きとのことで、ファンも多い激辛店『蒙古タンメン中本』にも興味津々だ。

メニューの中で最も激辛の「北極ラーメン」を試食するも平気な表情。「長い時間でいろんなものが身体に入って鈍感になっている」と自虐的に分析した。

■ザワワ大賞は?

世間をザワつかせた過去映像20作品を観た、審査員の森山と清水ミチコが選んだ「ザワワ大賞」は、野村萬斎がモテたくて覚えたムーンウォークの映像。

「長い伝統を司っている人が新しいことに挑戦している」と急に真面目に審査員評を語り始めると、これまでのギャップもあり、有吉弘行は「すごい立派な賞みたい」と爆笑した。

■視聴者には好感触

森山の魅力が溢れていた放送に、視聴者もさまざまな感想を寄せている。多くは好意的な意見だった。

森山良子さん70歳?!活き活きしててお若い?

— 猫うさぎ (@nekousagits) December 20, 2018

テレビで森山良子さんが
ニンニクの串カツ
美味しいって ( ´∀` )b

食べたくなった〜
けど、もう入らん・・・

おやすみなさい

— 今日からヒロシ (@es200244) December 20, 2018

ザワワ繋がりのゲストかよっww
ムッとしたけど出演してくれる森山良子さん、優しいいい人、そして面白いww #夜会

— 咲 (@sakiraba0125) December 20, 2018

ザワワ大賞を森山良子がちゃんと選んでてウケるwwww

— ともか (@ani_tomo22) December 20, 2018

歌手として高い評価を受ける森山だが、娘が小木と結婚後はバラエティー番組の露出も増え、その個性的なキャラクターを遺憾なく発揮している。

「ザワワ大賞」と番組にイジられても笑い飛ばせる彼女だけに、これからますます活躍の場を広げそうだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)