休む店も増えた正月三が日のサービス業 「休むべき」と考える割合は地域で異なる?

「正月三が日を休み」とする企業増加 西日本では「営業するべき」と考える人が過半数

記事まとめ

  • 飲食や小売などサービス業界で、「正月三が日を休み」とする企業が増加している
  • 調査では、「休むべき」と答えた人が5割を超えている地域はすべて関東より東の地域
  • 東海・近畿など西日本では「営業するべき」と考える人が半数を上回る結果となった

休む店も増えた正月三が日のサービス業 「休むべき」と考える割合は地域で異なる?

休む店も増えた正月三が日のサービス業 「休むべき」と考える割合は地域で異なる?

休む店も増えた正月三が日のサービス業 「休むべき」と考える割合は地域で異なる?

(agafapaperiapunta/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人手不足が深刻化する昨今、飲食や小売などサービス業界で実施されていた「24時間365日営業」をやめて「正月三が日を休み」とする企業が増加している。

これは社員の健康管理や士気向上などを図ることが主な目的で、従業員からは歓迎されている様子。一方で利用者のなかには「サービス業が正月に休むなんて!」と怒る人もいると聞く。

■正月三が日は仕事をするべき?

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,664名に「サービス業の正月三が日」について調査を実施。

結果、「休むべきだと思う」と答えた人は50.4%。容認派がかろうじて半数を上回ったが、「休むべきではない」と考える人も多い。

サービス業に従事している人にとっては「理解が進んでいない…」と思ってしまう割合だ。

■地域別で見ると傾向が

調査を地域別に見ると、ある傾向がでた。

「休むべき」と答えた人が5割を超えている地域はすべて関東より東の地域。東海・近畿など西日本では「営業するべき」と考える人が半数を上回る。

東日本と北海道は雪が降り、かなり気温が低くなる。気候の違いが意識の差に繋がっているのかも。

■「休みにするべき」人の意見は?

飲食店勤務のFさん(30代・男性)に意見を聞いてみた。

「正直正月くらいは休みたい。多くの人がグータラしているなか、書き入れ時の自分は年末年始休みなしで働いていた。

楽しそうに店に来るカップルや家族がやっぱりうらやましいし、転職を考えたくなる。実際離職率は高かった。そんな我が社も今年から三が日は休みになり、ホッとしています。

サービス業はどこも人手不足で忙しく、従業員は疲れていると思う。三が日くらいは強制的に休ませるような措置があってもいいのでは」

■「営業するべき」との声も

一方で「営業するべき」と考えるのはBさん(20代・男性)だ。

「一人暮らしなのでコンビニに休まれたら困るし、外食にも行きたい。まあ、年末にまとめて買っておけ…ってことなんでしょうが。

ただ、病気や怪我など緊急時に全てが休みだったら怖い。従業員の人には申し訳ないけど、やっぱり誰かは働くべき。その分、賃金をアップするなどの対策を施せばいい」

様々な意見があるが、正月三が日も出勤し、休みを謳歌する人々にサービスする人がいることは紛れもない事実。働く人に感謝する気持ちを持つべきだろう。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,664名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)