日本一の安さ!? ラ・ムーの『100円たこ焼き』がさらに美味しくなっていた

日本一の安さ!? ラ・ムーの『100円たこ焼き』がさらに美味しくなっていた

日本一の安さ!? ラ・ムーの『100円たこ焼き』がさらに美味しくなっていた

大都会と言われる岡山県を中心に店舗を展開する、激安スーパー『ラ・ムー』は、売られている品物がどれも安いことで知られている。しらべぇ取材班は徳島県にあるラ・ムーを訪れたのだが、そこで気になる店を発見した。

■100円たこ焼き『パクパク』

それは、一部のラ・ムーや母体の大黒天物産が経営する店に併設されているたこ焼き・甘味店『パクパク』である。

ここではたこ焼きを異常にリーズナブルな100円という値段で買うことができるのだが、最近味が良くなったというウワサを以前から聞いていたのだ。

■たこ焼きを購入

そのウワサの真相を探るべく、さっそく100円たこ焼きに10円のマヨネーズをつけて購入。

フタを開けてみると、普通のたこ焼き店と変わらない玉の大きさのたこ焼きがお目見え。見た目は以前と変わらずウマそうだ。

■フワトロでたこも大きい

ついている串で持ち上げると、フワトロで少しモチっとした生地だということがわかる。生地の美味しさはかなりのものである。

驚いたのは、中に入っているタコがかなり大きくなっていたこと。記者が食べたのは4年ぐらい前なので記憶が少しあいまいだが、一般的なたこ焼き店と変わらないタコのサイズになっていたのにはびっくり。

■300円でもお買い得だと感じるクオリティ

もちろん6個500円ぐらいするような本格的なたこ焼き店と比べるのは酷だが、300円以上してもおかしくない味のクオリティだと感じた。

関東はラ・ムーがないのでなかなか食べる機会がないが、もしパクパクのある店の近くに寄ったら、たこ焼き好きは絶対に食べるべきコスパの良さだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間 ゆうすけ)

関連記事(外部サイト)