DV被害女性が暴行動画を公開 元交際相手は「俺って有名人?」と反省の色を見せず

DV被害女性が暴行動画を公開 元交際相手は「俺って有名人?」と反省の色を見せず

DV被害女性が暴行動画を公開 元交際相手は「俺って有名人?」と反省の色を見せず

(SvetaZi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

英国で、1人の女性の「勇気ある行動」がSNS上で話題になっている。事件が起きたのは、2017年11月、英国ウェストヨークシャー州のハリファクス。

当時の交際相手ガレス・ワーン氏から家庭内暴力(DV)を受けたアシュリー・ブースさん(25歳)は、その様子を録画した防犯カメラの動画を公開し、その後も受け続けているDVを世に訴えたのだ。

■女性の顔面を殴打し、立ち去る男性の映像

約1分ほどの動画には、アシュリーさんに怒りを爆発させたガレス氏が暴言を吐いている様子が映っている。数秒後、ガレス氏がアシュリーさんの顔面を殴打。

アシュリーさんは殴られた反動で床にたたきつけられ、ガレス氏は彼女を助けることもなく立ち去る。全身打撲と鼓膜破裂の重傷を負ったアシュリーさんは当時妊娠中だった。

「わたしは自分が受けている暴力を公開することで、DVが横行しており、多くの人が苦しんでいることを世に知らしめたかったのです」

■接近禁止命令が受けた後も暴行か

ウェストヨークシャー警察の広報官は、この件についてコメントを発表した。

「警察では届け出を受けたすべてのDVを徹底的に捜査し、被害者への支援を行っている。ハリファクス市内に住む女性が昨年11月に暴行を受けた動画がSNS上に拡散されていることは把握しており、調査を行った。

この男性は暴行罪で逮捕されており、女性に対する接近禁止命令を受けている」

アシュリーさんのSNS上の発言によると、接近禁止命令を受けた後もガレス氏からの暴行は続いたという。

■動画を見た人々の反応は

アシュリーさんの動画はSNS上で何千回もシェアされ、多くのコメントが寄せられた。

「あなたの勇気ある行動に敬意を表します」

「けがは大丈夫? 私たちはあなたの味方です、最後まで戦いましょう」

「まだ暴行が続いているなんて信じられない。この男性は投獄されるべき」

■元交際相手のあきれた発言

ネット上でDVへの批判が集まる中、こともあろうかガレス氏は自身のFacebookに開き直りとも取れるコメントを投稿、反省の色はまったく見えない。

「軽い憂さ晴らしだよ。動画を投稿したって無駄」

「俺ってもしかして有名人?」

昨年は性的暴行に対する「MeToo」運動が世界的に盛り上がりを見せたが、今回のDV事件の加害者に社会的な制裁が下るのも時間の問題だろう。

■1割が異性に暴力を振るった経験

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,360名を対象に調査したところ、全体の約1割が「異性に暴力を振るったことがある」と回答している。

(?ニュースサイトしらべぇ)

日本でも決して他人ごととは言えないドメスティックバイオレンス。アシュリーさんの勇気ある行動が無駄にならないことを祈るばかりである。

(文/しらべぇ編集部・鈴木 もなみ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日〜2016年11月28日
対象:全国20代〜60代の男女1,360名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)