西野カナ、番組での生歌唱に視聴者騒然 「CDとは別人」「どうしたの…」

西野カナ、番組での生歌唱に視聴者騒然 「CDとは別人」「どうしたの…」

西野カナ、番組での生歌唱に視聴者騒然 「CDとは別人」「どうしたの…」

30日に『第60回輝く! 日本レコード大賞』(TBS系)が放送され、乃木坂46の『シンクロニシティ』が2018年の大賞に輝いた。

そんな中、優秀作品賞を受賞した歌手・西野カナの生歌唱シーンに、インターネット上が一時騒然となる一幕が。

■黄色い花柄ワンピースで『トリセツ』披露

司会を務めた土屋太鳳さん?
本当にお疲れ様でした??

スタッフ#土屋太鳳#西野カナ#レコード大賞#レコ大 pic.twitter.com/ErqxotuYSE

— 西野カナ (@kanayanofficial) December 30, 2018

番組の企画で「レジェンドアーティスト」としても出演した西野は、複雑な乙女心を取扱説明書に見立てた歌詞が大ヒットした、2015年リリースの『トリセツ』を披露。

春の訪れを感じさせるような淡いイエローの花柄ロング丈ワンピースにアップのヘアスタイル。公式ツイッターには、司会を務めた女優・土屋太鳳とのツーショットも掲載されている。

■『Bedtime Story』幻想的なドレスで熱唱

TBS「第60回 『輝く!日本レコード大賞』」ご覧頂いた皆さんありがとうございました?

スタッフ#レコード大賞#レコ大#tbs#カナやん#西野カナ pic.twitter.com/WzpR6hWmPr

— 西野カナ (@kanayanofficial) December 30, 2018

そして番組後半では、花をモチーフにした淡いパープル色のドレスを着て登場し、優秀作品賞を受賞した『Bedtime Story』を熱唱。ストーリー仕立てになっている歌詞とステージ演出が相まって、会場は幻想的な雰囲気に包まれた。

■生歌唱に騒然「どうしたの…」

しかし、そんな西野の生歌唱にインターネット上は騒然。大舞台での生放送とあって緊張してしまっていたのか、「不調」を感じさせるパフォーマンスに驚きと心配の声が相次ぐ事態に。

西野カナこんなに下手だったっけ?

— ユメ (@poyashimisitai) December 30, 2018

西野カナどうした…声が出にくい…??#レコ大 #レコード大賞

— LUPINIPUL (@LUPIN_ABARTH) December 30, 2018

西野カナどうした…?
こんな歌下手な人だった…?
体調うんぬんではなさそうだ。

この歌唱力の落ち込みは浜崎あゆみを重ねてしまう。

— ??まきちゃん? (@ma_ki_nu3) December 30, 2018

西野カナってなんでこんな歌下手だったんだ
CD音源と別人じゃん

— est@オオクワ (@est_dorcus) December 30, 2018

これまでにも多くの歌番組で生歌唱を披露している西野。しかし、今回の生歌には彼女のパフォーマンスに疑問の声も。

■年末年始、売れっ子歌手は大忙し

歌番組での様子に心配の声があがったアーティストと言えば、今年『U.S.A』で再ブレイクを果たしたDA PUMP・ISSAの疲労感が滲む姿も話題に。

今年も残すところあと5日??
2018年が皆様にとって悔いの無い1年でありますように?
気合い入れて楽しんでこーぜ〜?#dapump #usa #第60回輝く日本レコード大賞 #第69回nhk紅白歌合戦 #cdtvスペシャル年越しプレミアライブ pic.twitter.com/aO6MzsMHbU

— ISSA from DP (@ISSA_from_DP) December 27, 2018

同番組をはじめ、年末は歌番組目白押し。西野のような人気アーティストはより多くの番組に出演することとなり、生放送での歌唱など緊張の連続に耐える強い精神力も求められる。

身体が楽器である彼女が、多忙による疲労や緊張感から不調をきたしていたとしも、何ら不思議はないだろう。31日には『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK)にも出演する西野。体調を崩さず、ベストパフォーマンスができることを願いたい。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

関連記事(外部サイト)