『明石家サンタ』さんまに抗議する親子の発言が物議 「神経を疑う」「気分悪かった」

『明石家サンタ』明石家さんまに抗議する親子が物議 深夜の子供出演に疑問も

記事まとめ

  • 『明石家サンタ』(フジテレビ系)が放送され、登場した親子の行動が物議を醸している
  • 7歳の少女がチャレンジで2回ともハズレとなる展開にネット上では『神回』の声が続出
  • しかし、一方で深夜放送番組への子供の出演に、驚きや疑問を抱くコメントも

『明石家サンタ』さんまに抗議する親子の発言が物議 「神経を疑う」「気分悪かった」

『明石家サンタ』さんまに抗議する親子の発言が物議 「神経を疑う」「気分悪かった」

『明石家サンタ』さんまに抗議する親子の発言が物議 「神経を疑う」「気分悪かった」

『明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ系)といえば、24日の聖なる夜恒例となった番組だが、今年の放送に登場したとある親子の行動が物議を醸している。

■まさかの展開に衝撃

番組に出演した7歳の少女。「今年あった不幸な話」をテーマに、「給食のおかわりじゃんけん」で負けたことが悔しかったと元気よく話す。「(給食で)何が余ってたの?」という明石家さんまの問いに「小玉スイカ」と返し、さんまを笑わせた。

パネルから数字を選んで当てるチャレンジではまさかの「ハズレ」。そこへ、後ろから母親が「『もう一回』って」と少女に指示し、なんと異例の2回チャレンジ。しかし、「9番」と答えるも、そこもまさかのハズレ。

少女が「さんまさん、『10』ですよ」と訴えたが、さんまは「お母さん、横から変なアドバイスしないで」とツッコミを入れる。母親も「10って言ったんです」と話し、さんまは意見を聞き入れず「小玉スイカ送ります」と笑いを誘った。

■「神回」と爆笑相次ぐ

2連続ハズレという信じられない展開に、ネット上では「神回」「奇跡」との声が相次いだ。

「『小玉スイカ』から2つしか無いハズレを連続で引き当てる7才の少女 今年は出だしから神がかってる」

「一発目の女の子、小玉スイカをかけたジャンケンに負けるわ、25枚のプレートのうち2つしかないハズレを両方とも引き当てる神回」

「2枚しかないハズレをいきなり連続で当てていくとは…笑 開始早々から面白い、小玉スイカの破壊力」

■深夜の子供出演に「気分悪かった」の声も…

しかし、一方で「もう子供は出さないでほしい」と批判の声も。深夜放送の「オトナな番組」というイメージがある同番組だけに、子供が出演したことに驚いた人も多かったのだろう。

また、深夜まで子供が起きていることに疑問を抱くコメントも目立つ。

「一回でおしまいなクジを二回引かせてもらったのに、三回目も引かせようとする母親の意地汚さに気分悪い つーか、七歳の子供をこんな夜中まで起こしてる神経を疑うよ」

「しょっぱなから笑ったけどこんな時間に子供電話に出させて10だの9だのしつこいな…子供悪くないけど親だよ…」

「9でも10でも既にハズレ引いたあとのオマケ。そもそもすごくつまらない話で合格したのも子供が可哀相だから、それだけでしょ。なのに最後母親が不機嫌そうな空気出してて気分悪かった。もう子供は出さないで欲しい。こんな遅くまで起こされてる子供可哀相」

また、番組に対する批判の声も。

「明石家サンタ、もう子供受け付けんなよ 空気は読まないし母親が入れ知恵するしなんも面白くない不愉快」

■親のモラルは低下している?

母親に対する厳しい声が数多くあがった今回の放送。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「最近の親」について調査したところ、7割が「モラルが低下している」と回答している。

(?ニュースサイトしらべぇ)

賛否相次ぐ放送だが、予想もつかない展開から少女が爆笑を生んだのも事実。「もっている」少女に、お笑い怪獣のさんまは何を思っていたのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20代〜60代男女1342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)