滝沢秀明、激怒して収録を中断させたヒロミに感謝 「泣いた…」「本当に素敵」

滝沢秀明、激怒して収録を中断させたヒロミに感謝 「泣いた…」「本当に素敵」

滝沢秀明、激怒して収録を中断させたヒロミに感謝 「泣いた…」「本当に素敵」

(画像はヒロミ公式ブログのスクリーンショット)

年内で芸能活動を引退する滝沢秀明が、24日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。

ヒロミの弟子として入社し、同番組の大人気企画となった「八王子リフォーム」で最後のリフォームを終えた。滝沢からヒロミへの感謝気持ちを伝える手紙の内容に、多くの反響が寄せられている。

■ヒロミ、番組で激怒し収録を中断

最後のリフォームを終えた滝沢は、棟梁・ヒロミへの感謝の気持ちをしたためた手紙を贈り、その中でヒロミが司会を務めていた番組でのある出来事について明かした。

23年前、当時30歳だったヒロミは周りがピリッとするような少々怖い存在。あるとき、そんなヒロミが番組内で激怒し、収録が一時中断してしまったことがあったという。ヒロミは手紙を読む滝沢の横で「すみませんでした」と改めて当時の暴挙を謝罪した。

■滝沢「僕たちを守るための行動でした」

しかし、滝沢は手紙の中で…

「しかしそれは、横柄なゲストに困っていた僕たちジュニアを守るための行動でした。周りの大人は恐れていたかもしれませんが、僕にとってはとても頼りになる兄貴のような存在。常に僕たち一人一人のことを気にかけて下さることに感謝の連続でした」

と、嫌われ役に徹してデビュー間もない滝沢やジャニーズJr.たちを守ってくれたと説明。そのことに深く感謝し、芸能活動引退の報告も親より先にヒロミに報告していたことも明かした。

■愛に溢れる師弟関係に感動

滝沢からの手紙の内容に、スタジオも涙。視聴者からも多くの反響が寄せられている。

タッキーの最後の八王子リフォームの仕事見て、ヒロミさんへの手紙も聞いて、思わずうるっときてしまったな〜。しかし、どんなに怖かったとしても口が悪かったとしても、本当に信頼できる存在がいるって素晴らしい事なんだなって改めて思う事の出来た瞬間でした!
タッキー、お疲れ様でした!!

— ゆきにゃん (@yukinyan93_38) December 24, 2018

タッキーのヒロミさんへの手紙泣いた。ヒロミさんの「また一緒に何か作りたかった」の言葉がほんまに素敵やった。タッキーお疲れ様でした。ヒロミさんもほんまに寂しいやろな。#八王子リホーム#有吉ゼミ

— * M a a * (@Maa__89__) December 24, 2018

タッキーの手紙泣けてくる( ; ; )
ヒロミ器が広くてかっこいい#ヒロミ&タッキー、最後のリフォーム

— もがもが (@Kumo_no_uzu) December 24, 2018

タッキーからヒロミさんに宛てた手紙。最高です…#有吉ゼミ

— カレー娘 (@K2loveChie) December 24, 2018

思わず涙を流してしまったという視聴者は、少なくないようだ。

■「尊敬できる上司」に出会えた人は約4割

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の会社勤め経験のある男女521名を対象に「尊敬できる上司の下で働いたことがあるか」調査を実施したところ、全体で37.2%の人が該当した。

「尊敬できる上司の下で働けること」は、かけがえのない経験である。

表舞台から去り、プロデュース業に専念することとなる滝沢。彼が創り上げる新生ジャニーズに期待が高まる。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年4月22日〜2016年4月25日
対象:全国20代〜60代会社勤めの男女521名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)