加藤浩次、「男・山根」と初対談 「いま幸せ」「尊敬されているつもりだった」

加藤浩次、「男・山根」と初対談 「いま幸せ」「尊敬されているつもりだった」

加藤浩次、「男・山根」と初対談 「いま幸せ」「尊敬されているつもりだった」

(画像は日本テレビ系『スッキリ』公式Twitterのスクリーンショット)

アマチュアボクシング界のパワハラ騒動により、日本ボクシング連盟会長を辞任した山根明氏(79)が、25日放送『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次(49)と初対面。

現在の心境、当時の真相などを山根節全開で赤裸々に語り、大きな反響が起きている。

■山根氏「幸せです」

絶対的な権力を持つ会長としてアマチュアボクシング界に君臨してきた山根氏。2018年7月に役員ら333名から「助成金の不正流用疑惑」など12項目に及ぶ告発を受け、連盟会長を辞任した。

騒動当時、8月には中継で出演し反論するなど、同番組と関係の深い山根氏がこの日は司会・加藤と初対面。

現在の心境を問われ、山根氏は「嘘ではありません。幸せです」と吐露。東京五輪のプレッシャーから解放、ボクシング一筋だった生活が一変して妻との時間ができたと明かす。

■騒動を語る

山根氏は助成金の不正分割は認めたものの、それ以外の「おもてなしリスト」などの接待行為に関しての告発は嘘だと否定する。

流行語大賞にもノミネートされた「奈良判定」に関しては、アマチュアボクシングのルール上、「判定やポイント制は微妙」になると反論。

ボクシングだけでなく柔道も判定が難しいと語る山根氏。自身もその場にいたという、2000年のシドニー五輪柔道男子100キロ超級決勝での「世紀の大誤診」を引き合いに出し、「そんなバカなことあるか!」と誤診に抗議したが、関係者につまみ出されたことを振り返った。

■自身は「尊敬されている」つもり

ボクシングのみならず、多くのスポーツでパワハラが取り沙汰された2018年。加藤から組織で起きているパワハラ問題について尋ねられた山根氏は持論を展開していく。

問題は組織内の権力争いにあると指摘し、恐怖による独裁ではなく「周囲から尊敬される絶対的な権力者が必要」と熱弁する。

これに加藤が「山根さんは尊敬、恐怖どっちでしたか?」と問われると、「尊敬されているつもりで生きてきた」と苦笑いを浮かべた。

■元貴乃花を絶賛

指導者による暴力問題については「教える時点で暴力が起きる」のは仕方がないとしながら「選手によって受ける気持ちが違う」と解説。

派閥・権力争いも引退の原因となったと元貴乃花の騒動も分析、一人で相撲協会に立ち向かった姿勢を「偉い」「最高や」と絶賛する。

また流行語大賞に「奈良判定」がノミネートされたことには「ショックを受けた」と不快感を露わにするなど、終始、山根節全開の対談となった。

■出演陣は称賛

加藤は「山根さんが言ったことが本当かどうか僕自身はわからない」としながらも、対談を楽しんだ様子。

幻冬舎の名物編集者・箕輪厚介氏は「昭和的な価値観が通用しなくなった年」と今年を振り返りながら、「こういう権力者になる人は『人をたらす力』が半端ない」と主張。出演陣からも「心を持って行かれた」「甘い辛いを押し混ぜて説得力がある」と称賛の声が集まっていた。

■視聴者も楽しんだ?

視聴者も歯に衣着せぬ山根氏の姿に、好意的な意見が寄せられている。

騒動中は何やねんこいつ!って思ってたけど、めっちゃ面白いやん山根明。#スッキリ

— あられ (@6aha1o) December 25, 2018

山根明さん
私の父親と同じ雰囲気(笑)
人情味あふれているから面倒みがよくて、若い人を見ると心配して熱く語ってしまうんだろうね〜

— YUKIE miu (@YukidarumanGl) December 25, 2018

今日の山根明、保存版だった 元気をもらった #スッキリ

— コンプンコ (@COMPUNCO) December 25, 2018

■問題を指摘する声も

反面、パワハラや不正流用などで問題となった山根氏のキャラクターを面白がる姿勢には批判的な意見も少なくなかった。

ねぇ山根明おもちゃやん?
このおっさん調子乗らせたらダメじゃない?

— ゆうみ?? (@H10tilzkKgmvQUu) December 25, 2018

山根明で検索すると若い子達が「レギュラー出演してー」とか言っててもうね、君達は番組内でそいつ自身が言ってたことを何も聞いてなかったのか?

— 陸りん@PUBG&外扉 (@okarin3a07) December 25, 2018

バラエティー界に新たな人気者の誕生を予感させた対談だったのは間違いない

しかし、アマチュアボクシング界に起きた騒動の当事者であり、今なお不正流用など全てが解決されていない状況だけに、手放しで歓迎できなかった人も多いようだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)