2019年4月で終焉する平成 「昭和よりいい時代だった」と感じる瞬間4選

2019年4月で終焉する平成 「昭和よりいい時代だった」と感じる瞬間4選

2019年4月で終焉する平成 「昭和よりいい時代だった」と感じる瞬間4選

(?写真AC)

2019年の元旦は「平成最後のお正月」だ。今年4月の天皇陛下譲位を以って新しい元号となり、1989年1月から始まった「平成」は終わりを告げる。

「昭和」と比較すると日本に限っては大規模な戦争もなく平和な時代だった「平成」。巷では「昭和のほうが良かった」との声もあるが、実際は平成のほうがいい時代だったのではないだろうか。

■平成のほうがいい時代?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,664名に平成時代について聞いた調査で、「平成のほうが昭和よりいい時代だったと思う」と答えた人は24.7%。

多くの日本国民は太平洋戦争など政情不安もあった「昭和」のほうが、「平成」よりもいい時代と感じている。

■年代で意見に差

年代別で見るとはっきりとした傾向がでた

平成生まれの20代、平成育ちの30代は3割が「平成のほうが昭和よりいい」と答えたが、昭和を長く生き抜いた世代は割合が2割未満となっている。

終戦後、いざなぎ景気やバブルなど世の中が「右肩上がり」なことが多かった昭和だけに、停滞から後退に至った感のある平成よりもいい時代だったと感じるのかも。

もちろん、過去の記憶が美化されている要素もあるのだろう。

■平成時代のいいところは?

評価の低い平成時代。しかし、昭和よりいいところもたくさんあったはず。複数の人に「平成時代の良かったところ」を聞いてみた。

(1)戦争がなかった

「いざこざはあったけど、大規模な戦争なく平和な時代だったこと。もちろん、世界では戦争が起こってしまったのですが…。

少なくとも日本が世界戦争に巻き込まれなかった。これが一番良かった」(60代・男性)

(2)技術革新が進んだ

「技術革新が進んだことでしょう。インターネットで必要な情報をすぐに調べ、チェックできるようになったことは大きいし、おかしいと思ったことに直接声をあげ、政治やメディアを国民がチェックできるようになった。

そして今ではスマートフォンでなにもかも情報を手に入れることができるように。これは画期的だと思う。小さな携帯端末で何が起きているかを個人が正確に掴めるようになり、世界が変わった」(30代・男性)

■コンプライアンス向上を上げる人も

(3)コンプライアンスが重視される世のなかになった

「昭和の時代は軍隊の名残りで『上官のいうことは絶対』という風潮があり、スポーツ部や企業などで、上司によるパワハラやセクハラが横行していた。

今はコンプライアンス遵守の意識が進んで、そういう人間が減り、『良くないこと』という意識が広がった。健全化されてきていると思う」(50代・女性)

(4)個人が尊重される世の中になった

「昔は男性は家庭持ち外で働き、女性は子供を産んで家を守るのが幸せというような、価値観の押し付けがあった。

今は独身でも理解されるし、女性だってその気があればきちんと働ける。ライフワークや趣味など、個人の意向が尊重される時代になったんじゃないかなと思う」(60代・男性)

一長一短あった平成時代だが、「昭和のほうが良かった」と感じている人が多い。せめて次の時代は「平成より良かった」と思う人が増えるような時代になってほしい。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,664名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)