堀田茜、クリスマスや正月の「ぼっちが寂しい風潮」に苦言 共感殺到だが闇を感じる視聴者も

堀田茜、クリスマスや正月の「ぼっちが寂しい風潮」に苦言 共感殺到だが闇を感じる視聴者も

堀田茜、クリスマスや正月の「ぼっちが寂しい風潮」に苦言 共感殺到だが闇を感じる視聴者も

25日放送『超躍る! さんま御殿』(日本テレビ系)で、クリスマスは「カップルにとって特別な日」という風潮にモデル・堀田茜(26)が苦言を呈した。

■誠子は「イブは休む」

出演陣がクリスマスの思い出を語る中、尼神インター・誠子(30)に関して相方の渚(34)が「絶対に何の予定もないのに、イブに休みを取っていた」と暴露。

誠子は「何の予定もないけど休みにしてもらいました」と笑顔で告白するも、周囲からは「もしも何もなければ最悪」と指摘され、思わず「さんまさん、家行っていいですか?」と明石家さんま(63)に嘆願した。

ここから話題は展開。クリスマスの予定について出演陣に聞いていく。

■堀田茜の主張

尋ねられた堀田は「(予定は)わかんないですけど、こだわりない。誕生日も正月もひとりでいい。365日普通の日」とアニバーサリーに興味がないと主張。

「クリスマスに1人が寂しいっていう世間の風潮がイヤ」と本音を吐露するが、驚くさんまからは「モテてきたからや」とモテる者の余裕を指摘される。

さらに、「誕生日プレゼントなどもいらない、毎年ひとりで過ごしている」と語った堀田に、いとうあさこ(48)から「本当の孤独を知らないんじゃない?」とツッコミが飛んだ。

■共感の声溢れる

イベント日にひとりで過ごすのは寂しい、そういった風潮があるのは確かだが、「アニバーサリーに価値観を見いだせない」層は一定数いるようだ。堀田の主張に共感する声が溢れていた。

堀田茜さん、クリスマスのことに関していいこと言った!
マジ同感するわ。#さんま御殿

— るい (@ruiruiyamaji59) December 25, 2018

堀田茜の言ってる事わかるわー。私も、クリスマス誰と過ごすとか意味がわからない。じゃあ、節分は?ひな祭りは?ってなっちゃう。

— まいみ (@19maaa90) December 25, 2018

堀田茜のクリボッチ風潮の話それなすぎ

— ゆ (@yu__9306) December 25, 2018

反して、素直に記念日を楽しめない姿に「闇を感じる」声や、男性から引く手あまたの堀田ほどの美女だからこそ言えると批判する声もあった。

堀田茜さん美しいのに闇を感じる?

— しんでぃー (@A_Shindy) December 25, 2018

堀田茜クラスなら
男からのお誘いが多々あるだろう。
誘われ過ぎてもうウンザリだろうから1人がいい、という結論だろう。
無理してこっちのモテない業界に歩み寄って来ないで欲しい。
勉強出きる奴が出来ないと言ってる位腹立つ。オマエ鏡見てみな??モテない訳ないやろがい??#さんま御殿

— だいすけお兄さん@性欲魔神 (@HageDevu1126) December 25, 2018

■クリぼっちに市民権?

以前、しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1371名を対象に調査したところ、全体の2割程度が「今年のクリスマスは大好きな人と過ごせる」と回答。

全体の8割は、「クリぼっち」か仕事、それほど好きでもない相手と過ごしていることが判明した。

カップルにとって大切な日とされがちなクリスマスだが、実際に大好きな相手と過ごせる人は少ないようだ。ひとりで過ごす「ぼっち」が市民権を得た昨今。「クリぼっちで寂しい」と後ろ指を指されるようなことは無くなったのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年11月20日〜2015年11月24日
対象:全国20代〜60代男女1,371名

関連記事(外部サイト)