花田優一、絵画完売で約100万円稼ぐ 「絵が想像以上にヤバイ」と騒然

花田優一が初開催した絵の展示会で絵画が完売したことを報告 約100万円の売上げか

記事まとめ

  • 花田優一ががインスタグラムで絵画展で絵が完売したことを明かし、話題になっている
  • 1万円台のものから1点7万5,000円の絵もあったが完売し、売上はおよそ100万円だという
  • 今回の絵画完売を受けて、「本業をちゃんとやれよ」など批判の声はさらに強まっている

花田優一、絵画完売で約100万円稼ぐ 「絵が想像以上にヤバイ」と騒然

花田優一、絵画完売で約100万円稼ぐ 「絵が想像以上にヤバイ」と騒然

花田優一、絵画完売で約100万円稼ぐ 「絵が想像以上にヤバイ」と騒然

元貴乃花親方の花田光司氏の長男で、タレントや靴職人として活動する花田優一が26日、自身のインスタグラムを更新。

自身の絵画展で絵が完売したことを明かし、話題になっている。

■「18点の絵が完売致しました!」

優一は21〜22日の2日間、自身が10代の頃から描いていたという絵の展示会を東京・京橋で初開催。1万円台で買えるものもあれば、中には1点7万5,000円と強気な価格の絵もあったが、すべて売り切れた。その売上はおよそ100万円だという。

優一は「18点の絵が完売致しました! ありがとうございました。今後とも作品を通して皆様とお会いできる日を楽しみにしてます。
メリークリスマス アンドハッピーニューイヤー」と喜びをつづった。

■「これからですね」「頑張って」

靴職人、タレント、そして絵画と多岐にわたって活躍する優一。完売の発表に、ファンからは「おめでとうございます!」と祝福する声があがった。

「皆それぞれの立場で色んな想いがあるのだろうと思います。頑張って下さい」

「優一君これからですね頑張って 応援しています ますます才能が芽生えます」

しかし、一方で疑問の声も。しらべぇ既報のとおり、本業である靴について「注文した品が届かない」とトラブルの声があがっている優一。

にもかかわらず、タレントや絵画などさまざまな分野で名前をみることから、ネット上で「中途半端」「そんなことをしている暇があったら靴を作って」と批判されることも少なくない。今回の絵画完売を受けて、その声はさらに強まっている。

「靴作りは辞めたのか?」

「口にすることは優等生ぶってて胡散臭い感じ 行動が伴ってない」

「靴職人じゃないの? 本業をちゃんとやれよ。何やっても中途半端だなあ」

■「正直イマイチ」と厳しい声も…

また、優一のインスタグラムには、自身が描いた絵がいくつかアップされている。

View this post on Instagram

、 僕の工房の名前は Angelo pico。 自分で描いた自分の絵。 #花田優一 #yuichihanada #angelopico #shoes

A post shared by 花田優一 Yuichi Hanada (@yuichihanada_shoe) on Nov 27, 2017 at 3:38pm PST

ファンからは「変わったタッチだなぁーと見ていましたが この自画もすごい味があってステキですね」「絵うますぎ」と高評価だが、一方では「このレベル!? ってビックリした」「デッサンの基本がまるでなってない」「正直イマイチ」と厳しい声があがっている。7万円の価値はないということなのだろうか。

■二世はタレントにならないほうがいい?

「元貴乃花親方の息子」ということで「二世」として話題にもなる優一。これまでの言動に「だから二世は…」と批判されることも珍しくない。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,328名に「芸能人二世」について調査したところ、4割以上が「タレントにならないほうがいい」と回答している。

タレント業も絵画も本業である靴を売るためなのだろうが、物事を突き詰める「職人」のイメージとはかけ離れるため厳しい声も相次ぐ。すっかりお騒がせ二世として扱われてしまっているが、今後その印象を覆すことはできるのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日
対象:全国20代〜60代の男女1,328名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)