クリスマス、飲んで調子に乗った男 ひったくりの結果、「まさかのプレゼント」が…

クリスマス、飲んで調子に乗った男 ひったくりの結果、「まさかのプレゼント」が…

クリスマス、飲んで調子に乗った男 ひったくりの結果、「まさかのプレゼント」が…

(Ljupco/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

街が幸せなムードに包まれたクリスマスイブの夜、酒に酔ったひとりの男(36)がひったくりの罪をおかした。

しかし、衝動的な犯行ゆえ、制裁はすぐに男の身に振りかかる。

■女子大生の財布を盗んだ36歳男

報道によると、事件が起こったのは25日未明で、場所は東京・池袋駅近く。男は帰宅途中の女子大生のバッグから、現金およそ7,000円などが入った財布をひったくり逃走した。

しかし、このとき偶然にも、近くで警視庁の女性捜査員(30代)が別の事件を捜査していて、男を追跡。そのまま、現行犯逮捕した。

なお、警察の取り調べに対し、男は「お酒を飲んで調子に乗った」「お金が欲しかった」などと話し、容疑を認めているという。

■怒りの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では以下のような声が。

・調子に乗って女子に絡む事はあってもひったくりなんかしないでしょ…

・酔っ払うと本質が出る。普段抑えてる欲求がこの犯人の場合窃盗なんや

・金額の問題ではないが、たった7000円を強奪した結果、社会人としての地位や名誉を失って金が手に入らなくなった

・調子にのった代償は、刑務所です

■「逮捕がクリプレ?」の声

一方、逮捕されたのが25日だったことについて、こんな風に言及する人も。

・クリスマスに逮捕って切ないな

・警察から逮捕というプレゼントをもらった的な?

・冷たい床の上でクリスマスの朝を迎えたのだろうか

■およそ1割がひったくり被害者

しらべぇ編集部は、全国20〜60代男女1,537名を対象に「ひったくり」についての調査を実施。その結果、全体の6.8%が、被害にあったことが「ある」と回答。

■男性も被害者に

女性6.3%に対して男性7.3%と、意外にも男性のほうがやや被害にあった経験が多いようだ。

ネット上では「飲んで調子に乗ってひったくりするって思考回路がすでにおかしい」などの意見も見られた今回の事件。

余罪ふくめ、捜査の進展が待たれる。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代で男女1,537名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)