父親が保育園へ迎えにいくと… 我が子の「変わり果てた姿」に悲痛の声

父親が保育園へ迎えにいくと… 我が子の「変わり果てた姿」に悲痛の声

父親が保育園へ迎えにいくと… 我が子の「変わり果てた姿」に悲痛の声

(ziggy_mars/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

朝は元気だったはずの我が子が、変わり果てた姿になっていた…。そんな悲惨な事件が、福島県内で発生。ネットでは悲痛の声が多くあがっている。

■ぐったりして顔が青紫色に…

25日午後2時ごろ、父親は1歳になる男児を迎えに福島市伏拝の認可外保育園を訪れた。そこで、保育士が昼寝をしている男児を起こそうとすると、男児がぐったりして顔が青紫色になっていることに気付いたという。

男児は正午ごろ、他の0〜1歳の園児14人と一緒に就寝。男児はうつぶせで寝ていたが、その際に意識不明になったとみられている。その後、搬送先で死亡が確認された。

当時、部屋には4人の保育士がおり、午後1時ごろ、うつぶせ寝をしていた男児の顔を横に向けただけだったとのこと。園では昼寝中、30分ごとに園児の様子を確認する決まりだったが怠っていたといい、市は安全管理に問題がなかったかどうか調べている最中だ。

■「家でも起こりうる」と警鐘

この悲惨な出来事に、ネットからは「家でも起こりうる」「他人ごとではない」と警鐘を鳴らす声が相次いであがった。

・こういう事件は本当怖い。なぜなら、どこでも起こりうる問題だから

・どんなにあおむけにしても、全体重かけてうつぶせに戻る子は何人もいる。決して他人ごとではない

・1歳の子供を本気でみるには、一切目を離してはいけない。だけどそんなことは誰にもできない

・小さい子をもつ親御さんの多くの人が、常にこういう恐怖を抱えていると思う

■「保育士個人の問題じゃない」

またネットからは、確認を怠った保育士を責める声があがる一方で、「保育士個人の問題じゃない」とその労働環境に問題があるとする声もみられた。

・保育の現場、保育士さんがもっと余裕を持てるようにならないと、このようなことを完璧に防ぐのは難しいです

・これは保育士個人の問題じゃない。行政は待機児童ゼロにすることばかり考えているが、その労働環境にはなかなか目を当てない

・お願いです、このようなことを繰り返さないためにも、保育士の配置人数を見直してください

■待機児童問題は解決している?

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,354名を対象に、「待機児童問題」についての調査を実施した。その結果、「改善している」と回答した人は、11.1%となった。

待機児童問題が仮に解決したとしても、今回の事件のような保育士の労働環境問題などがあると考えると、児童を取り巻く社会的環境は課題が山積みだと言えるのだろう。亡くなられた男児のご冥福を祈りたい。

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日
対象:全国20代〜60代の男女1,354名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)