女性がストーカーを誘い出して大事なモノをナイフで… 残酷な復讐に「やりすぎ」の声も

女性がストーカーを誘い出して大事なモノをナイフで… 残酷な復讐に「やりすぎ」の声も

女性がストーカーを誘い出して大事なモノをナイフで… 残酷な復讐に「やりすぎ」の声も

(ipopba/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

嫌がらせを受けたとする相手の男性に、女性が壮絶な復讐を遂げるという事件が、インドで発生。そのあまりに残酷な手口に、ネットでは「さすがにやりすぎ」との声もあがっている。

■キッチンナイフで男性器を切断

女性(42)は25日、2人の知人男性に頼み、ストーカーとされる男性(25)をムンバイ近郊の孤立した場所に誘い出して3人で襲撃。その後女性は、あろうことかキッチンナイフで男性の性器を切断したというのだ。

警察に対し女性は、男性は近隣の住民で、数回にわたって嫌がらせをしてきたと語り、この男性に「『教育してやろう』と決めた」と供述。しかしことに及んだ後、男性が死亡する恐れがあると気付き、慌てて病院に搬送したそうだ。

医師は男性の容体について、「人工呼吸器を使用しており、重篤な状態」と述べているという。?女性と2人の知人男性は、警察に拘束されたとのこと。

■「やり方は間違ってるけど…」

度が過ぎるともいえる復讐劇に、ネットからは「やり方は間違ってるけど…」「よくやったと言いたい」と概ね称賛の声があがった。

・ストーカー行為が本当ならありだと思うよ

・やり方は間違っているけど、インドのような場所では女性自身で解決せざるを得ないと思う

・明らかに度が過ぎてるけど、聞いてるこっちはどこか清々しい

・よくやったと言いたい。これで男ももう悪さはできないだろう

■「さすがにやりすぎ」との声も

一方で、男性器を切断するというむごい手口に、ネットからは「もう少しいいやり方は…」「さすがにやりすぎ」などとの声もみられた。

・うーん、もう少しいいやり方はなかったのか…

・男2人と一緒ってところが、もうリンチみたいなもの。ちょっといきすぎてるかな

・どこの国でも「ストーカー被害」が社会問題になっているんだな。それにしてもやり過ぎ、いくら何でもひどすぎるだろう!

■およそ1割にストーカー被害経験

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1,376名を対象に「ストーカー被害」について調査したところ、全体の約1割が「経験あり」と回答する結果となった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

どこの国でも起きているであろうストーカー行為だが、ここまでの仕返しが未だかつてあっただろうか。性器を切断された男性の症状が快方に向かい、真実が明らかになることを願いたい。

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日〜2016年7月25日
対象:全国20代〜60代の男女1,376名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)