『M‐1』舞台裏がヤバい ジャルジャルと中川家・礼二の「3年戦争」に涙腺崩壊

『M‐1』舞台裏がヤバい ジャルジャルと中川家・礼二の「3年戦争」に涙腺崩壊

『M‐1』舞台裏がヤバい ジャルジャルと中川家・礼二の「3年戦争」に涙腺崩壊

27日、『M-1グランプリ2018』の舞台裏に密着した番組『M-1アナザーストーリー あの日、人生が変わった』(朝日放送)が放送。優勝候補とされていたジャルジャルが駆け抜けてきた『M-1』の軌跡が明かされた。

?M-1速報?
ネタ順4番目は…#ジャルジャル

ABCテレビ・テレビ朝日系列 全国ネット生放送中?#M1 #M1グランプリ #漫才頂上決戦 #笑神籤 #RTで応援 pic.twitter.com/ZuJl1WyaNM

— M-1グランプリ (@M1GRANDPRIX) December 2, 2018

■コント師・ジャルジャルと漫才

コント師としてのイメージが強いジャルジャルの『M-1』は、漫才とコントの境界線との闘いでもあった。2010年に決勝に初進出したときには、「漫才って言っていいのか」と松本人志の頭を悩ませた。

続く、2015年も二人は新たな形のネタを披露。しかし、ほかの審査員たちが高得点を付ける一方、中川家の礼二に「言葉遊びを付録にできれば、もう少し漫才っぽくなったかな」と言われるなど、「漫才」と言い切るには疑問の残る結果に。

「漫才に僕の人生がおかされてる」。そう言わざるをえないほどに、二人は漫才に魅せられてしまっていたのだ。しかし、17年も礼二には認められることはなかった。

■漫才師・ジャルジャルに過去最高得点

そんな二人にとってはラストイヤーとなる今年の大会。ジャルジャルはこれまで二人のネタにはなかった入りを見せる。そして、彼らの魅力の1つである「誰も傷つけない、誰もが楽しめる」ネタ「国名分けっこ」をやり切った。

自分たちが面白いと思う「漫才」を貫いたジャルジャルに、礼二は過去の大会を上回る点数で評価。「4組目でジャルジャルが一番受けたんちゃうかな。ほんで、過去何年か『M-1』に出て、ずっと形を変えなかった頑固さがすごいな」とコメントした。

■ネットでは「泣いてしまう」と感動の声

ジャルジャルやかまいたち、和牛という優勝候補たちの無念。そして、お笑い界のニュースター・霜降り明星が掴んだ栄光に、ツイッターなどインターネット上では感涙するコメントが寄せられた。

「粗品で最後感動した。母ちゃんが絡むと泣いてまう」

「ジャルジャルと中川家・礼二さんの 『3年戦争』が熱すぎる」

「かまいたちの互いに認め合うコンビ愛、 ミキの裏側での人としての魅力、 ジャルジャルのブレないコント漫才と ただ礼二に認められたい思い、 和牛の決して優等生でない3度目の準優勝と漫才プライド、 霜降りの若き実力と自信、誰もが愛してしまう人間味、 最高でした」

「最後の、濱家の『面白かったな、山ちゃん、面白かった、ありがとう、一番面白い』って言ってるので完全に涙腺崩壊」

■感動して泣くことはある?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,477名を対象に、「涙」について調査したところ、全体のおよそ3割の人が「感動して泣くことはあまりないほうだ」と回答した。

「大会」と名乗る性質上、チャンピオンという肩書の勝者が誕生する。しかし、『M-1』には、そうした勝ち負けを超越したドラマも毎年生まれていると言っても過言ではないのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日
対象:全国20代〜60代の男女1,477名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)