年末年始、どこで過ごす? 配偶者の実家は少数派も「心から行きたくない」の声

年末年始、どこで過ごす? 配偶者の実家は少数派も「心から行きたくない」の声

年末年始、どこで過ごす? 配偶者の実家は少数派も「心から行きたくない」の声

(TAGSTOCK1/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

ちょっと長めの正月休み、自宅で過ごす人もいれば実家に帰省する人もいるだろう。自分の実家であればいいけれど、配偶者の実家の場合は、どうしても気を使ってしまうもの。できれば行きたくない人も多いはず。

実際、「正月は『義実家』で過ごす」人はどれくらいいるのだろうか。

■義実家への帰省は…

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の既婚男女883名をを対象に「年末年始の過ごし方」について調査したところ、「正月は配偶者の実家で過ごす」と答えたのは全体の16.2%。

やはり自宅波も多いのか、義実家で過ごす人は少ないようだ。

■意外? 若い男性の割合が高め

より詳しく、性年代別で見てみると…

20代・30代の男性が4割越えと、圧倒的に高いのだ。ちなみに、「自分の実家で過ごす」と回答したのは以下の通り。

「結婚したばかりなので、いちおうどっちの実家にも行く」(20代・男性)

こんな人も多いのかも。

■義実家のいいところは?

「よくも悪くも『お客様』なので、大事にしてもらえる。何か手伝おうとすると、『座ってていいのよ』って義理のお母さんに言われちゃう。

おいしいご飯もたくさん用意してくれているし、おかげさまでごろごろした正月を毎年過ごしています」(30代・男性)

「旦那の親戚が多いので、子供たちはお年玉をいっぱいもらえてほくほく。年1回のご挨拶が終わるので、私もほくほく。お金のことばっかり言うのもアレですが、交通費も出してくれるのでありがたい」(40代・女性)

と、喜んで義実家に行く人も少なくない。

■「行きたくない」人も…

その一方で、やはり「配偶者の実家は嫌」という人も。

「義母さんに、『これはうちの味と違う』『だらしない』など、嫌味を言われに帰ってる感じ。なんで29日から帰って、おせちも大掃除もやらされて、親戚の宴会の相手をしないといけないんだろう。

旦那は息子に戻っちゃって役に立たないし、本当に行きたくない」(30代・女性)

「年に1回、それも日帰りでしか行かないので、黙って嫁の実家に行きますが…。気を使うからか、帰ってくるとどっと疲れる。本音はずっと家で、夫婦だけで過ごしたいです」(20代・男性)

「いつもこうしているから〜」ではなく、今度のお正月はどうするのか、夫婦でちゃんと話し合ったほうが良さそうだ。

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日〜2018年12月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,664名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)