「先っちょだけ」「ゴム無しでいい?」 セクハラ発言がセーフになる状況解説が絶妙すぎる

「先っちょだけ」「ゴム無しでいい?」 セクハラ発言がセーフになる状況解説が絶妙すぎる

「先っちょだけ」「ゴム無しでいい?」 セクハラ発言がセーフになる状況解説が絶妙すぎる

((C)ぱくたそ)

ハラスメント問題が世間を騒がせた2018年。28日深夜放送『ビートたけしのオワラボ』(フジテレビ系)でも、セクシャルハラスメント・セクハラ問題を取り上げた。

その中でビートたけしは、普通ならセクハラになるが「こういった場合はセーフ」な発言を紹介。大きな反響が起きている。

■セクハラがセーフになる状況

財務官僚によるセクハラ騒動、ハリウッド女優らのセクハラ撲滅キャンペーンなど、2018年はセクハラ問題が世間の注目を集めた年だった。

番組では「オワラボ」所長役のたけし主導で「セクハラに捉えられる過激発言でもセーフになる状況」を解説していく。

「ちょっとパンツ脱いでケツ見せて」、本来ならセクハラになるこの発言も「肛門科の医者」が病院で発言するならセーフ。「3万円で1回どう?」も「ゴルフのレッスン」ならセーフというように、次々に紹介されていった。

■「ゴム無し」「先っちょだけ」もセーフ

自動車教習所なら「今日はバックからやろうか」も問題なし。「やばい立ってきた」は「建設中のタワーマンションの隣の住人」ならセクハラではなく嘆きとなるだろう。

「こんなに大きくなっちゃって」も「久しぶりに会う親戚のおばさん」なら違和感なし。「ゴム無しでいいだろう?」は「バンジージャンプ業者の冗談」ならあり得る。

しかし、「先っちょだけ」は「角砂糖を舐めようとしている人」と紹介されると、流石に出演陣から「どんな人ですか」「これだけ弱い」とツッコミが飛んだ。

■下ネタに絶賛

くだらない内容と呆れた視聴者もいたようだが、多くはたけしらしい下ネタを楽しんだようだ。

オワラボもど下ネタやってて最高

— みき (@thisisneko) December 28, 2018

ビートたけしのオワラボのくだらなさ

— りん@東北鷲 (@goldenchups) December 28, 2018

ビートたけしのオワラボ大丈夫かw

— なんちょりそー (@pega4444) December 28, 2018

セクハラになりそうな言葉がセーフになる人がどんな人なのかを知ることが出来た? #オワラボ

— くれ (@ku_shimiyoshi) December 28, 2018

セクハラめいた言動を正当化しているようで嫌だよ私は。

— たま (@jun1tamachan) December 28, 2018

■26.9%が過去を反省

セクハラのみならず、なにかと「ハラスメント」と騒がれる昨今。しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,537名を対象に調査したところ、26.9%が「今思えばハラスメントだったと思う」と自身の行動を振り返っている。

相手の心象もあるため、「ハラスメントの境界線」を見つけるのは難しい。紹介されたセクハラセーフ発言も、人によっては完全には許されない可能性もあるはずだ。紹介された状況だから使ってみようと安易に考えてはいけない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,537名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)