巨人、新外国人投手に背番号24を与え物議 「高橋由伸前監督の扱いが軽い」と怒るファンも

巨人、新外国人投手に背番号24を与え物議 「高橋由伸前監督の扱いが軽い」と怒るファンも

巨人、新外国人投手に背番号24を与え物議 「高橋由伸前監督の扱いが軽い」と怒るファンも

読売巨人軍

29日、読売ジャイアンツが来季契約を結んだ前シアトル・マリナーズのライアン・クック投手の背番号が「24」になることが判明。

今シーズンまで背負ってきた高橋由伸前監督の番号だけに、ショックを受けるファンが続出している。

■最速155キロ右腕

クック投手は2018年、シアトル・マリナーズで19試合に登板。2勝1敗・防御率5.29と目覚ましい活躍ではなかった様子。しかし巨人は最速155キロの速球と多彩な変化球を操る投球術を評価し、獲得に乗り出したという。

今シーズン巨人は抑え投手を固定できず、シーズン終盤は先発だった山口俊投手を回すなど苦労していた。アメリカで抑えの経験を持つクック投手の加入は、大きな戦力アップとなる。

■不満を訴えるファンが続出

巨人ファンを騒然とさせたのが、クック投手の背番号。高橋由伸前監督が現役時代から背負った「24」をクック投手がつけるというのだ。

高橋由伸監督は巨人入団についても意中の球団ではなかったといわれており、監督業も現役続行の意思を示しながら、周囲に説得される形で就任した経緯がある。

それだけに退任と同時に「24」を巨人で実績のない外国人選手に「明け渡す」ことについて憤りを覚える人は多く、「背番号24」がTwitterトレンド1位になる事態に発展した。

読売巨人軍さんホント何考えてるん?
由伸出ていった瞬間、
背番号24を安売りするんか。
ホント由伸なんていなかったかのような扱いだな…。
酷いわ…。

— ばな春? (@banaharun) December 29, 2018

巨人が背番号24を新外国人に。
由伸は生え抜きの人気選手で20年も背負ってきた背番号24。これは読売(原)から由伸への仕打ちと考えて間違いなさそう。まじ原黒。

— みりん (@healthio) December 29, 2018

新外国人選手に背番号24を渡すのか
歴史や伝統を重んじる球団ではなかったのか?

— 匡 (@La_Joya21) December 29, 2018

巨人そんなに好きじゃないけど、さすがに背番号24を成績残すかわからない外人にあげるのはどうかと思う……

— そーめん (@kusoomen) December 29, 2018

巨人ファンではないが…
由伸の#背番号24を新外国人に着けさせるってフロントや原は正気か?

由伸に対する敬意がないよ?最低でも一年は欠番にするべき。
一年とは言わずに24番を背負うに相応しい若手が出てくるまでは待つべきじゃないかな?と個人的に思う。

無駄に番号をシャッフルし過ぎ。

— ヒデオ (@navynbbBB) December 29, 2018

■投手の番号でもあるのだが…

巨人の24番は、高橋由伸前監督のほかに「絶好調男」として人気を博した中畑清氏も背負い、中心選手として巨人を支えた。

また、慶応大学出身のドラフト1位大森剛氏もつけたほか、外国人選手では1997年にペドロ・カステヤーノ選手が短期間ながら付けたことがある。1998年からは高橋由伸前監督が背負う。

巨人の背番号24はV9時代には「8時半の男」の異名取った抑え投手宮田征典氏が付けた番号でもあり、90年代には抑えの石毛博史投手が背負ったことも。球団としては、「宮田さんのような抑えに…」との願いを込めて、クック投手に24を与えたものと思われる。

■背番号24は高橋由伸前監督のイメージ?

高橋由伸前監督は巨人戦が地上波で全試合放送されていた時代の「最後のスター」。テレビで見たイメージはかなり強いのかも。

ちなみにしらべぇ編集部が全国の野球ファン416名に「巨人戦の地上波中継が放送されていないことについてどう思うか」聞いた調査では、4割が「寂しい」と回答している。

地上波テレビ中継で見ていた世代にとって、背番号24はやはり高橋由伸前監督のもの。一部のファンは唐突な背番号譲渡について、巨人に尽くしてきた由伸前監督をないがしろにするものと感じたようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日
対象:全国20代〜60代の野球ファン416名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)