南キャン・山里、その場にいなかった『ご長寿クイズ』で傷つく 「年代を超えて下着泥棒扱い」

南キャン・山里、その場にいなかった『ご長寿クイズ』で傷つく 「年代を超えて下着泥棒扱い」

南キャン・山里、その場にいなかった『ご長寿クイズ』で傷つく 「年代を超えて下着泥棒扱い」

29日放送『爆笑! さんまのご長寿グランプリ2018』(TBS系)では、ご長寿(出演するお年寄り)たちが早押しクイズで対決する人気企画『ご長寿早押しクイズ』を開催。

南海キャンディーズ・山里亮太の顔を見て「職業」を当てるクイズでは、ご長寿たちは暴言にも近い珍回答を連発。山里もSNSで嘆きの声を漏らした。

■名物企画が今年も復活

1992年から2014年まで続いた『さんまのSUPERからくりTV』内で人気を博したのが、珍回答を連発する個性的なご長寿たちが早押しクイズで対決する『ご長寿早押しクイズ』だ。

同企画は2016年末の『ご長寿グランプリ2016』番組内で復活。今回は全国から5,000名のご長寿を番組で調査、全国9ヶ所で地方予選を開催し最強の面白ご長寿を決定した。

■愛知予選に注目

各地で熱戦が繰り広げられる中、舞台は愛知予選に。同地区には3年連続出場、92歳の竹内さんがいるだけに、今年も珍回答が期待されていた。

ここで、赤ぶちメガネとおかっぱ頭の「南海キャンディーズ・山里亮太の宣材写真」をご長寿たちに見てもらい、「この人の職業は何でしょう?」クイズを出題。

正解はお笑いタレントだが、写真を見た瞬間、「指名手配」「ヘルメット業者」と次々と答えはじめるご長寿たち。さらに「昆虫博士」「覗き魔」「下着泥棒」とご長寿たちの答えは止まらない。

ここで竹内さんに「テレビで観た」記憶が蘇った。しかし、答えを絞り出そうとしても出てこないと頭を抱える。

司会から「この人は面白かったですか?」と質問が飛ぶと竹内さんは「面白くなかった」と即答。その後も答えはわからず、「もう無職しかない」とさじを投げた。

■出演陣、視聴者も爆笑

スタジオは「ヘルメット業者にしか見えなくなった」と大爆笑。下着泥棒など全般的に犯罪者寄りの回答が多かった点に触れ、「見れば見るほど罪を犯している顔」と盛り上がる。いない場所で思わぬ形でイジられる山里を視聴者は楽しんだようだ。

南キャンの山ちゃんは年代を超えても下着泥棒扱い #ご長寿グランプリ

— ふぶきり?Ifrit (@BENITSUBO) December 29, 2018

ご長寿クイズほんま無理wwwwww指名手配www無職しかないwww無理wwwwww山ちゃんボロクソwww

— ショ子 (@SatoSZ_7) December 29, 2018

南海キャンディーズの山里の顔を見て「指名手配」は草生える#ご長寿早押しクイズ

— 朱雀 (@satogeko857) December 29, 2018

山里さんが下着泥棒と覗き魔は特別に正解w #ご長寿早押しクイズ

— moco (@mocoakym) December 29, 2018

■山里も嘆き

その後、山里も本件を把握。SNS上で嘆きの声が漏れている。

ご長寿の皆さま…

— 山里 亮太 (@YAMA414) December 29, 2018

ご長寿たちの、ある意味では的確な答えに、山里も知らぬ間に大爆笑を得た。昨今は女性人気も高まっている山里だが、ご長寿らの回答通り、その外見から漂う変態感は健在なようだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)