結婚生活28年の薬丸裕英、妻・石川秀美への不満爆発 「女性は感情が先に立つ」発言には批判も

結婚生活28年の薬丸裕英、妻・石川秀美への不満爆発 「女性は感情が先に立つ」発言には批判も

結婚生活28年の薬丸裕英、妻・石川秀美への不満爆発 「女性は感情が先に立つ」発言には批判も

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

芸能人が溜まった怒りを初告白、スタジオ観覧者から率直な意見を聞き、実際に世間に出たら「共感」を得るか「炎上」するかを検証する『お怒りバンク!』(テレビ朝日系)が30日深夜放送。

薬丸裕英が妻・石川秀美の「子供への叱り方」に不満を爆発したものの、その内容に厳しい意見が寄せられている。

■薬丸の妻への怒り

結婚生活28年、5人の子宝に恵まれ幸せな家庭を築き上げているように見えるが、妻の「過去を蒸し返す叱り方」に納得できないと薬丸は明かす。

食べ終わったお弁当箱を妻に渡し忘れた娘。自分なら「夜に出さないダメ、次から気を付けなさい」で終わり。しかし妻の場合、そこから「先週も出し忘れた。この前も言ったよね」と過去を蒸し返しながら説教が続くという。

これに「子供に自主的に考えさせる教育方針」の薬丸は辟易。「完璧な人はいない。間違うたびに注意して終わればいい」と語る。

■男女で異なる意見

観覧者からはすでに賛否が。「蒸し返しているのではなく、失敗を繰り返すことに怒るのでは?」との意見を受け、2児の母でもある松嶋尚美も「秀美さんに1票」と口を開く。

「2回目までは注意で済む、3回目からは『何回言わすんじゃい』ってなる」と明かし、態度次第で「軽く言われたら蒸し返しちゃう。『自分で洗いや』ってなるかも」と自身を振り返る。

男性陣は薬丸寄りだが、指原莉乃ら女性陣は「過去を蒸し返す説教」に同意する意見が多い。賛否入り混じる中、ここで薬丸が「女性って感情が先に立つことが多いでしょ?」と不用意な発言をすると、スタジオ観覧者の空気が一変する。

■薬丸、批判を浴びる

「ママは悪役。パパはいいとこどり」「そういう時に性別を出すな」と批判が殺到。「女性ばかり悪役はイヤだ」との意見が薬丸に浴びせられる。男女30名中12名が薬丸に共感という批判が集まる結果となってしまった。

弁当箱の件でも視聴者からは厳しい意見が寄せられている。

口出すならやっくんが洗えよ。
もしくは子供に自分で洗うように言いなさいよ。
面倒なことは人に押し付けるのは無しよ。
#お怒りバンク

— ナミ (@nam5jupiter) December 30, 2018

薬丸子育てしてないんだろうな#お怒りバンク

— だれか (@shio_rinrin2222) December 30, 2018

#お怒りバンク
弁当の話はやっくんの意見に心底共感出来なかった…やっくんが毎日弁当洗ってるんなら話は別だか弁当洗ってるの奥さんなんでしょ?世の中の主婦&主夫ならやっくんの奥さんの怒り方に共感するのでは…
あとの話はどっこいどっこいだった…

— ぶー@いいいい (@BBBB4AaAa4) December 30, 2018

出し忘れ弁当箱の悪臭やぬめりの不快さが分からないんだよな、やっくんは
洗いもしないくせに偉そうにしないでほしい
#お怒りバンク

— おかゆ@(も・ω・も) (@momo25x25) December 30, 2018

やっくんの件
子どもは、一度に複数のこと注意されたり長々と説教されたりだと、なんで叱られてるかわからなくなって逆効果
「次忘れたら洗わない作らない」と言い、実行すればいい#お怒りバンク

— なんなのだ (@oh_mede_tai) December 30, 2018

過去の事を蒸し返す。どれぐらいの頻度かによるけどね。
ちなみに蒸し返す人に対して同じように過去にやったこと蒸し返して怒ると逆ギレされるんだよね。
#お怒りバンク

— ボロ (@boro_0808) December 30, 2018

■夫婦ゲンカの原因「育児」は17.1%

しらべぇ編集部で全国20〜60代の既婚男女686名を対象に複数回答で調査したところ、17.1%が「育児が夫婦ゲンカの原因」と回答している。

育児の積極性やしつけ・教育方針の相違など、子供への接し方は夫婦ゲンカの大きな原因となりうる。薬丸夫妻の問題も、いずれは夫婦ゲンカに発展する可能性が高い。

子供の将来を左右する問題だけに敏感になるのは理解できるが、夫婦仲が悪くなっては意味がない。より一層の意思疎通を図ってもらいたいものだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日
対象:全国20〜60代の既婚男女686名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)