女優・いとうまい子の現在がスゴすぎる 社員50名超の制作会社社長に就任していた

女優・いとうまい子の現在がスゴすぎる 社員50名超の制作会社社長に就任していた

女優・いとうまい子の現在がスゴすぎる 社員50名超の制作会社社長に就任していた

(画像はいとうまい子Twitterのスクリーンショット)

ネガティブな情報ではなく、ポジティブな初出し情報を有名人本人が発表する『有名人が情報解禁! 千鳥のドッカン! ジブン砲』(フジテレビ系)が31日放送された。

80年代にアイドルとして人気を博し、現在も女優・タレントとして活躍するいとうまい子(54)が「テレビ制作会社社長になった」ことを告白。大きな話題を集めている。

■急成長中の制作会社

いとうが社長を務めるのは、番組制作を協力したり人材を局に派遣する制作会社。いとうはタレント業と並行して、社員50名以上の制作会社社長として多忙な日々を過ごしている。

民放キー局やNHKなど、報道・情報を中心に20番組以上に社員を派遣中。2017年11月の会社設立時、社員はわずか7名だったが、それから約1年で50名まで成長させた敏腕ぶりも語られた。

■営業先は「いとう世代」

朝からスタッフの派遣先を周るのが社長・いとうの仕事のひとつ。スタッフの労をねぎらい、上司に丁寧に挨拶。ミスがあれば謝罪すると、社長としての顔を覗かせた。

現在、番組で権限を持つプロデューサーは、80年代いとうの活躍を目にしてきた「いとうまい子世代」の40代後半〜50代が中心。それを最大限に活かし営業にも熱が入る。

社員100名を目指した事業拡大のため、AbemaTVを視野に入れて動いているいとう。同じくいとう世代、45歳のサイバーエージェント社長・藤田晋氏とすでにアポをとっていることも明かされた。

■兄の意思を継ぎ…

タレントとして活躍中のいとうがなぜ裏方の世界に足を踏み入れたのか、その理由も語られる。

前身会社はいとうの兄が社長を務めていたが急逝。「大企業と同じくボーナスを出したい」と語っていた兄の遺志を継ぐために、いとうは社長となり、会社を大きくするために奔走しているのだ。

いとうは「ほっぽり出したらそれまでだったけど、兄の遺志を継いで頑張ってみると面白いことが展開される」と満足気に笑った。

■視聴者も驚愕

今まで語られることのなかった社長・いとうの素顔に視聴者からも驚きの声が漏れている。

いとうまい子すごいなぁ。

— るぅこ maio (@Ruuco_mai) December 31, 2018

自分のネームバリューを活かして
亡き兄の制作会社を引き継ぎ拡大させているすごい、、、#いとうまい子#自分砲#フジテレビ https://t.co/tTEveyv5Mc

— パンちゃん@パチンコ (@panchan0617) December 31, 2018

いとうまい子すごい、理想的な経営者やん

— うりゑん (@urien_d3) December 31, 2018

いとうまい子さんすごいなぁと見入っていたら・・? そういうきっかけだったのか・・? 偉いなぁ

— るみNY?DELICS(ライブ) (@rumi888rumi) December 31, 2018

兄の夢を叶えるため、精力的に活動するいとうまい子。今後はタレントとしてだけではなく、社長業でもますますテレビ業界を盛り上げてくれそうだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)