木村拓哉、「何を演じてもキムタク」と揶揄され傷つく 「やることなすこと叩かれる」

木村拓哉、「何を演じてもキムタク」と揶揄され傷つく 勝地涼がドッキリ仕掛ける

記事まとめ

  • TBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』で木村拓哉に勝地涼がドッキリを仕掛け
  • 勝地は俳優を辞めると相談、辛い時を聞かれ木村は「やることなすこと叩かれる」という
  • 木村は「何やったってキムタクだって言われる」と世間に揶揄されがちな部分に触れた

木村拓哉、「何を演じてもキムタク」と揶揄され傷つく 「やることなすこと叩かれる」

木村拓哉、「何を演じてもキムタク」と揶揄され傷つく 「やることなすこと叩かれる」

木村拓哉、「何を演じてもキムタク」と揶揄され傷つく 「やることなすこと叩かれる」

2日放送『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に木村拓哉が登場。世間から「なにをやってもキムタク」と揶揄されるなど、自身が経験した辛かった芸能活動の悩みを告白。大きな話題を集めている。

勝地涼が仕掛け人

後輩から突然「俳優を辞める」と相談されたら木村はどうするのか。映画『マスカレード・ホテル』で共演する俳優・勝地涼が仕掛け人となり、その様子をモニタリングする。

「じつは役者を辞めようと思っている」と口を開いた勝地に、木村は「パートナーには相談した? そっちが先じゃない」と助言。「パートナーがどう受け取るかが大事」と新婚の勝地を諭す。

ここから、役者魂に火がついてきた勝地は仕掛け人役に入り込み、「どうしても木村に相談したい」と涙ぐみながら続ける。

■なにをやってもキムタク

勝地は芸能活動がしんどくなったと引退の理由を語りながら、「木村さんもどういうときに辛くなりますか?」と質問。木村は「やることなすこと叩かれる。それに対しては『そういう意見もあるのか』って思うけど、事実だしね」と真剣に語る。

さらに「自分がどの役をやっても普通になる」と役者としての方向性の悩みを勝地が吐露。

これに、木村は「自分だって言われる。何やったってキムタクだって」と、自身の個性が強すぎるがゆえに「どの役柄でもキムタクになってしまう」と世間に揶揄されがちな部分に触れていく。

「しょうがないよね、人がそう言うのは」としながら、「みんなツラい。涼くんの中のツラさと他人を比べる必要はない。でも、ツラくない人なんていないよ」と説得した。

■役者・木村拓哉

さらに木村も勝地も師事した演出家・蜷川幸雄氏に触れ、木村は「あの方にスイッチを押してもらった者同士。嫌じゃない、なんか逃げるの」と熱い想いを語り続ける。

木村は、舞台を控えた勝地に「舞台を観に来てくれるファンやスタッフに失礼」と叱責。

もう演じることを辞めようと思ったことはないか問われ、「ない」と即答し、「やることが自分の責任。逃げるのは簡単だけど逃げた先がもっと後悔すると思う」と役者としての本心を明かした。

■ドッキリ失敗

木村の説得に感極まっていた勝地に、ここで欲の出たスタッフから「木村が芸能活動で大切にしていることを聞いて」と指示が出る。急に質問の毛色が変わったことに疑問を持った木村は、周囲を見渡しはじめ、カメラを発見。

「さては辞めたいと思ってないな」とドッキリだと気づき、木村へのモニタリングは終了した。

■ファンの声は…

ネットなどでの木村への評価を本人が気にしていること、さらに木村の役者としての本心などが明かされ、視聴者からも大きな反響が起きている。

とくに新作に出演するたびに「何を演じてもキムタク」と揶揄されている部分には、怒りの声も見受けられた。

モニタリング、木村くんがみんな辛いって俺だって何しても叩かれる。
なにをやってもキムタクって言われる。って言葉聞いて泣けてきた。 #モニタリング

— 七海????? (@eito_11) January 2, 2019

ねぇ誰だよ木村拓哉にあれ言わせたやつ
「なにをやってもキムタク」
もう泣いちゃうよ#木村拓哉 #キムタク #モニタリング

— 謎の桃 (@rMUYU63eZRMpEim) January 2, 2019

なにやってもキムタクって言われる話を自らするんだもんなぁ後輩からの相談でな…

— もぉ仔? (@hosome_taikoku) January 2, 2019

なにやってもキムタクって言われるのを事実として受け入れるってカッケーじゃんキムタク。#モニタリング

— nohohonhonkan (@nohohon6098) January 2, 2019

■6割以上が「どの役柄もキムタク」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,344名を対象に調査したところ、約6割が「木村拓哉はどんな役柄を演じても結局『キムタク』だと思う」と回答している。

木村の演じるのは、良くも悪くも「キムタク」だ。その評価に木村は悩みながら、それでも自分の役割としてまっとうしようとしている。

それは結局、ファンも制作側も、どんな舞台であっても唯一無二の「キムタクというキャラクター」の登場を望んでいるからかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日
対象:全国20代〜60代の男女1344名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)