飲酒運転しながら1キロ引きずり… 想像を絶する苦痛に「鬼畜の所業」と怒号

飲酒運転しながら1キロ引きずり… 想像を絶する苦痛に「鬼畜の所業」と怒号

飲酒運転しながら1キロ引きずり… 想像を絶する苦痛に「鬼畜の所業」と怒号

(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

2日、バイクに乗っていた男性(18)を巻き込み、その後1キロにも渡り引きずり死亡させるというひき逃げ事故が起こった。その当時の衝撃の状況に、ネット上では怒りの声が溢れている。

■追突の末、ひき逃げ

事故は2日午後11時頃、千葉県にて発生した。友人とバイクでツーリングしていた男性のバイクに軽乗用車が追突、その後巻き込みを起こし、そのまま約1キロもの距離を引きずりながら走行したという。その男性はその後、搬送先の病院で死亡した。

なお、警察は3日に軽乗用車を運転していた男(49)を、「道交法違反」「動車運転死傷行為処罰法違反」の疑いで逮捕したとのこと。その男は調べに対し「ぶつかったが、人を巻き込んだとは思わなかった」と供述しているという。

■「事故というより事件」

本来、追突してしまった時点で、走行を止め相手の安否確認をするべきだろう。しかし、走行を止めないどころか1キロも引きずり、結果男性を死に至らしめた男の行為に悲しみの声が溢れた。

「衝突しただけだったら助かっていただろう」

「これは事故というより事件でしょう。18歳の若者がこんな悪質ドライバーに命を奪われるとは何ともつらいです」

「友達とツーリング中の事故。その友達の気持ちも考えると胸が締め付けられる」

■「ありえない行動」に怒りも

また、男は当時飲酒運転をしていた疑いがあり、追突後には引きずりながら「Uターン」「蛇行運転」を繰り返したと見られている。男性が受けた苦痛は想像を絶するものだったであろう。男に対し怒りの声も溢れた。

「飲酒運転で轢いた上に、1キロも引きずり、さらにはUターンに蛇行もしていたと…悪質過ぎる」

「普通に道を走っててなんでこんな目に遭わなきゃいけないんだ。私も怒りがおさまらない」

「また酒か。いつになれば飲酒運転無くなるんだよ」

「まさか、わざとぶつけた? Uターン、蛇行までしていると、故意を疑う」

■飲酒運転の経験があるのは…

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の免許保有者1,061名に対し、「飲酒運転、酒気帯び運転の経験があるか」調査を実施したところ、全体の27.2%があると回答した。

(?ニュースサイトしらべぇ)

どのような状況であっても飲酒運転が許されるケースはない。亡くなった男性の冥福を祈ると同時に、今後このような痛ましい事故が起こらない事を願いたい。

(文/しらべぇ編集部・ステさん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年11月25日〜2016年11月28日
対象:全国20代〜60代の男女1,362名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)