深夜の住宅街でサンタクロースが拳銃を発砲 「カメラが捉えた悪夢」に悲鳴相次ぐ

北アイルランドでサンタクロースが住宅に拳銃を12回発砲 「怖すぎる」とネット民衝撃

記事まとめ

  • 北アイルランドで12月20日、サンタクロースの格好の男が両手に持った拳銃を計12回発砲
  • ターゲットになったのは、人気音楽番組のファイナリストの女性の両親の家だった
  • 年が明けた1日、娘である歌手の女性の家も標的となったが、女性とその娘は不在だった

深夜の住宅街でサンタクロースが拳銃を発砲 「カメラが捉えた悪夢」に悲鳴相次ぐ

深夜の住宅街でサンタクロースが拳銃を発砲 「カメラが捉えた悪夢」に悲鳴相次ぐ

深夜の住宅街でサンタクロースが拳銃を発砲 「カメラが捉えた悪夢」に悲鳴相次ぐ

(cyano66/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供に夢を与えるはずの「サンタクロース」が、住宅に向かって拳銃を発砲するという衝撃的な事件が発生。北アイルランドの首都ベルファストで起きたこのおぞましい事件に、ネットは震撼している。

■計12回発砲し逃走

真っ暗い深夜の住宅街を映し出した防犯カメラ…。そこに「サンタクロース」のコスプレをした一人の男が歩いてくる。すると、男はカメラのある家に向かって、両手に持った拳銃を計12回発砲。すぐにその場を立ち去った。

12月20日未明に起きたこの事件のターゲットになったのは、アイルランドのある人気音楽番組のファイナリストの女性(33)の両親の家だった。この家は以前から狙われており、テロによる攻撃だと考えられているという。

幸い家には誰もいなかったが、夫婦は30年住んだこの家から出ざるを得なくなったそうだ。

■別日に娘の家でも発砲

また、年が明けた1月1日、娘である歌手の女性の家も標的となった。早朝、彼女の住むアパートの三階で発砲があったというのだ。幸いなことに、女性とその10歳の娘は不在だった。

現在、犯人は見つかっておらず、警察当局はこの二つの事件を関連づけて調べているという。

■「怖すぎる」と悲鳴

この衝撃的な事件に、ネットからは「こんなことあるんだ」「怖すぎる」と悲鳴が相次いでいる。

・こんなことあるんだ。実際にあった事件だとは思えない。

・このニュースで子供に「サンタは怖いもの」というイメージが植えつけられてしまう

・怖すぎる。もしテロだというのなら、今後も狙われ続けるだろう

・全員が無事で良かった。この「偽サンタ」に早く捕まってほしい

■サンタのコスプレを着たことがある?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,328名を対象に「サンタのコスプレ」について調査したところ、1割強が「着たことがある」と回答する結果に。

サンタの格好をした男がまさか拳銃を持っているなど、誰が予測しただろうか。未明に起きた悪夢に、付近の住人も眠れぬ夜を過ごしているかもしれない。いち早く犯人が捕まることを祈りたい。

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日
対象:全国20代〜60代の男女1,328名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)