平愛梨、もうどこでも怖くない! 「主人の行くところが都」の素敵発言

平愛梨、もうどこでも怖くない! 「主人の行くところが都」の素敵発言

平愛梨、もうどこでも怖くない! 「主人の行くところが都」の素敵発言

24日「LIFULL新会社設立発表会」が行なわれ、ゲストとしてタレントの平愛梨が登場。海外での生活や、自身の子供について語った。

■「今日は楽しんできてね」

夫であり、2018年よりLIFULLアンバサダー兼グローバル本部長である長友佑都選手の代理として登場した平。

LIFULLのイメージカラーであるオレンジ色のゆったりしたワンピースに黒のハイヒールを合わせ、柔らかく可愛らしい雰囲気だ。

長友選手からは、「主人も以前、社長とお会いしたそうで。楽しくお話できたし、会社はポジティブなオーラがすごかったので愛梨も楽しめるよ、今日は楽しんで来てね」と送り出されたとか。

■家選びは大変!

長友選手の移籍に伴って、イタリア・トルコと海外で生活している平。

言葉が通じないため「家探しは人任せ。でも思っていたのと違うと『うーん』ってなかなか決断できなかったり…」と家を決めるのになかなか苦労したという。

それでも「私、門が好きで。イタリアにいたときはすごい門が多くて! 子供ができてからもすごく安全なので、門があるのが嬉しかった」と喜び、「今の家は天井がすごく高い。3mあるのかな? 広く感じて、解放的な気持ちになって、住みやすいです」とお気に入りの様子。

また、やっぱり浴槽は必須だといい、「海外では、浴槽に浸からないでシャワーが多いって聞いてたんですけど、私が住ませてもらったところは浴槽付き。長友さんが浴槽好きみたいで、お風呂はやっぱり一番気にします。子供も一緒に入れたいとかもあって」と明かす。

■主人のいるところが「都」

海外での子育てはやっぱり苦労が多いのかな…と思いきや、「のびのびしてます。ぐずったとしても、嫌な顔をされない」のだとか。

「泣き出しちゃったときに、私が気にして外に出ようとすると『寒いのに、なんでわざわざ外に出るの!』って多分言ってくれていて。言葉はわからないんですけど」と笑う。

これからも海外生活が続きそうだが「怖さがなくなった。今後は、主人の行くところが都になるかなって思ってます」と素敵すぎる発言も。

■すでに子供も…

もうすぐ1歳になる子供とは「妊娠中から私が(長友選手の)試合を見ると、お腹の中で暴れるように騒がしかった。今は試合を見るために仮眠とかする。集中して見てる感じです」とパパの試合を一緒に楽しんでいるそうで、「子供がぐずるときは負けたりするんで、念じながら一緒に見てます」と微笑む。

好きなことをやらせたいとは思いつつも「サッカーを選んでくれたら」とも思っているそうで、「ボールを渡してみたら、足でコロコロしてた。ご飯食べる時もなぜか左足を何回も蹴る。主人が左バックだからかな? って」とすでにサッカー選手への片鱗がチラリ。

■いつまでも夫婦円満!

今年の抱負を問われ、「いつまでも夫婦円満。日頃から意識してるのは、主人に精神的ストレスを与えないこと」と明かした平。これからもラブラブな「理想の夫婦」な2人の姿がみられそうだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ)

関連記事(外部サイト)