G乳グラドル・深井彩夏、スケスケ衣装に挑戦 「私痴女かもしれない」と衝撃告白も

G乳グラドル・深井彩夏、スケスケ衣装に挑戦 「私痴女かもしれない」と衝撃告白も

G乳グラドル・深井彩夏、スケスケ衣装に挑戦 「私痴女かもしれない」と衝撃告白も

Gカップのたわわなバストとキュートな笑顔がチャームポイントのグラドル・深井彩夏ちゃんが、新作イメージDVD『情愛の扉』(男気屋)をリリース。東京・秋葉原で行われたリリース記念イベントに、しらべぇ取材班も突撃した。

■紐パンビキニ姿がセクシー

イベントにセクシーな紫色の紐パンビキニ姿で登場した彼女。ちりばめられている和柄のお花が愛らしい。衣装のポイントを尋ねると、「今回は、和服がメインのDVDだったので、和服をイメージした水着にしてみました」とはにかんだ。

よくよく見ると、Gカップの彩夏ちゃんにはちょっぴりタイトなビキニ。こぼれ落ちそうな胸に視線を奪われ、思わずグッとくる。

■支配人・お客さんと三角関係?

22作品目となる本作は、9月に伊豆で撮影されたもの。「撮影現場が千人風呂で有名な温泉だったので楽しかったです」と思い出も語ってくれた。

本作は、ストーリー仕立てとなっており、内容について尋ねると「私が旅館の女将として働いている設定なんですが…」と意味深な発言。

どうやら、「旅館の支配人とできているものの、お客さんとして来た男性に惹かれてしまい、三角関係になる」という、昼ドラを連想させられる内容のようだ。

女将として働いている姿はもちろんのこと、温泉に浸かってゆったりしているシーンと、彼女のグラマラスボディーを堪能できる濃厚な仕上がりに。

中でも、褌の衣装をまといお風呂に浸かったシーンでは、「実際にその旅館で働いている男性の方が、何回か覗きにきてちょっと恥ずかしかったです」と撮影の様子も語ってくれた。

■私、痴女の気があるかも…

見どころ満載の本作、彼女イチオシのシーンを尋ねると、「旅館近くの洞窟」でのカットを挙げた。「ちょっとエロいってのもあるんですけど、光の感じが良くて、私的にはすごく綺麗に撮ってもらえたかな?って思います」と、神秘的なシーンに仕上がっているようだ。

流れで、恥ずかしかったシーンについても質問すると、「ベージュのランジェリーをまとったシーン」を紹介した。スケスケな衣装かつ、昼間に道端近くで撮影したこともあり、男子高生たちの視線を感じドキドキしたんだとか。

取材陣から「男子高生に興味を持たれてどうだった?」という質問に対して、「嬉しかったです。ちょっと痴女の気があるのかもしれない」と即答し、会場を沸かせた。

■今年の目標は「6枚リリース」

トップグラドルとして、数々の映像作品を出し続けている彼女。2月25日には、早くも23枚目のDVDがリリースされるようだ。「結構スケスケの衣装が多いDVDなのでそういう衣装が好きな方は、おすすめだと思います」とアピール。

最後に、2019年の目標を尋ねると、「去年は一年間で6本のDVDに出させていただいたんですけど、今年も6本出せたらいいなと思います。頑張っていきたいです」と抱負を語り、イベントを締めくくった。

【深井彩夏(ふかい・あやか)】

1991年7月15日生まれ/T153・B96・W62・H86/血液型:AB型/趣味:料理、カラオケ/特技:書道、英語

(文/しらべぇ編集部・松野 佳奈 撮影/HIRO)

関連記事(外部サイト)