スピワゴ・小沢、マッチングアプリで「300名と会った女性」に苦言 「1位は永遠に見つからない」

スピワゴ・小沢、マッチングアプリで「300名と会った女性」に苦言 「1位は永遠に見つからない」

スピワゴ・小沢、マッチングアプリで「300名と会った女性」に苦言 「1位は永遠に見つからない」

日本では1000万名以上が利用、他人同士がSNS・ネットで知り合い出会える「マッチングアプリ」。8日深夜放送『NEWSな2人』(TBS系)では、アプリ愛好家と反対派のスピードワゴン・小沢一敬らが議論を交わし、大きな話題を集めている。

■愛好家 vs 反対派

アプリ愛好家には、3ヶ月で104名とデートした女性や「モテるようになった」男性が集結。これに出演芸能人らはマッチングアプリへの率直な意見を口にする。

NEWS・加藤シゲアキは「言い方を変えた出会い系。危険度は変わらないのでは」と苦言、真鍋かをりは「出会い系よりはクリーンなイメージ。でも、出会いを装ったより悪質なクズが多そう」と分析。

小沢は「シンプルにやっちゃいけない。古いけど、借金と離婚とマッチングアプリだけはやっちゃいけない」と持論を展開。「好きになったから付き合うのが普通。『付き合いたいです』から始まる恋愛は考えられない」と熱弁した。

■アプリ婚活女子への苦言連発

15種類のアプリを活用、年100名との出会いを繰り返し理想の男性を求める婚活中の女性に番組が密着。その姿に小沢は「出会いって求めなきゃいけないの? 『出会う』から出会いじゃん」と困惑気味だ。

仕事の合間、ランチ中などもアプリで出会いを求める彼女は仕事終わりに連日、休日も複数名の男性との会食やデートを重ねていく。こんな生活を2年以上続け、300名以上の男性との出会いを果たしてきたと明かされる。

女性は男性をランク付けしており、「すぐ順位が変わる。『やりたいだけかな』とかで一気にランクが下がる」と本音を告白。

これに小沢は「勝手だな」と呆れながら「1位は永遠に見つからない。1位だと思っても『もっといい人が現れるかも』って続けてたら終わりがない」と分析した。

■アプリで出会った夫婦

3ヶ月で104名の男性とデートした女性は、同じく51名の女性とデートした男性と結婚。

本命の女性がいた男性に女性が「どうやって落とすか」をアドバイスしたのがきっかけで2人は結婚に至ったのだが、小沢は「俺からアドバイスするよ」と苦い表情。「女の子は落とすんじゃない、上げるの」と一喝する。

独身証明や収入証明などを提示し、お互いの求める相手を合理的に探せるアプリだが、「恋愛って合理的なモノかな?」と疑問を呈す。書店で偶然同じ本を手に取るのが理想の出会いだと、アプリ反対の姿勢を崩さなかった。

■視聴者は小沢らに共感?

結果的に300名中2名としか付き合っていない女性に「一生決められない」と厳しく突っ込んだ小沢だが、自身も独身の点を突かれ「すぐ論破された」と嘆いた。

マッチングアプリ愛好家の現状など、赤裸々に明かされた放送だったが、小沢ら反対派の主張に共感の声があがっている。

なんだよマッチングアプリの順位づけって。その時は一位でもすぐ次の一位に行きそうな女なんか誰が本気で愛するかよwww.自己中心的なやつは愛されないよ。#NEWSな2人

— しげぽる (@xsr930) February 8, 2019

マッチングアプリ女子怖い…(´・ω・`)

— kyuichi@Go(´・ω・`) (@kyuichi_go) February 8, 2019

今回は小沢さんの意見に同意だわー 選べる人数多いほど決められらなくなると思う #NEWSな2人

— 糸 (@_______ito) February 8, 2019

NEWSな2人のマッチングアプリのババア腹立つわー
小沢さんよく言った!

— ねこさん (@EddYz0ByPxE3DUw) February 8, 2019

マッチングアプリは抵抗あるなぁ。出会いなんて別になんでもいいんだろうけど、男は可愛い女の子を抱きたいだけってイメージあるけどね。
真鍋さんと小沢さんの意見はわかるなぁ

— 来世セミ (@japantocircus) February 8, 2019

■女性は「抵抗あり」

しらべぇ編集部で全国20〜60代男女1,363名を対象に調査したところ、男性46.5%、女性59.0%で全体の52.8%が「アプリでの出会いに抵抗がある」と回答している。

手軽に出会える方法として広く認知されたマッチングアプリだが、身の危険を感じることも多いだろう女性は抵抗があるようだ。

犯罪の温床になりやすかった出会い系と同様、昨今はマッチングアプリやSNSを通じての出会いで悲しい事件に発展するケースも多い。あくまで自己責任とはいえ、安易な出会いは危険とも隣り合わせだと強く認識する必要があるだろう。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日〜2018年9月3日
対象:全国20代〜60代の男女1,363名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)