顔が良くてもやっぱり恋愛対象外? 異性の闇が深いと感じる瞬間4選

顔が良くてもやっぱり恋愛対象外? 異性の闇が深いと感じる瞬間4選

顔が良くてもやっぱり恋愛対象外? 異性の闇が深いと感じる瞬間4選

(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

3月末でTBSを退職し、4月以降はタレントとして活動することが明らかになった宇垣美里アナ。アイドル並みのルックスと、『サンデージャポン』(TBS系)で見せる闇の深さが受け、人気に火がついた。

闇を抱える人間は敬遠されがちだが、宇垣アナのような美人であれば愛せる! と思う人も少なくないようだ。

■闇を感じさせる人についてどう思う?

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,537名を対象に「闇を感じさせる人」について調査を実施。

結果、「闇を感じさせる人は恋愛の対象外」と答えた人は男性39.5%、女性53.8%。男性は比較的寛容だが、女性は対象から外す人が半数を超える。闇を抱える男性にとっては、少々ショックな数字かもしれない。

■闇を感じさせる瞬間4選

闇を持っていたとしても、それを他人に悟られないようにすれば、嫌われずに済むはず。そこで複数の人に「闇を感じた瞬間」を聞いてみた。

(1)ネガティブ思考

「とにかく思考がネガティブで、何かと卑下する発言をする人。聞いていて自分まで鬱な気分になってしまうし、闇が深いと感じる。そんな人と一緒にいたくない」(20代・男性)

(2)酷い話ばかりする

「過去の酷い恋愛とか延々と語って、悲惨な目に遭った話をする人。かわいそうだとは思うけど、振り返らずに前を向けばいいのにそれをしようとしない。近づきたくないなと思う」(30代・男性)

■こだわりや潔癖も

(3)異常なこだわり

「普段はいい人なんですが、料理のことになると異常にこだわる。私の作ったものに細かく指示をするうえ、味付けも滅茶苦茶うるさかった。母親か、過去の女のせいに決まってるじゃないですか。速攻別れました」(30代・女性)

(4)潔癖

「潔癖男と交際していた。洗濯物の畳み方も気に食わないとキレるし、部屋もピカピカじゃないと気がすまない。汚れに強迫観念を持っているようで、異常に怒るんです。闇が深すぎて、ついていけませんでした」(20代・女性)

ネガティブ思考や異常なこだわりが、相手に「闇が深い」と感じさせてしまう様子。もちろん全員に恋愛の対象外とされるわけではないが、印象を良くしたいのなら、気をつけたほうがいいかも。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月21日
対象:全国20代〜60代の男女1,537名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)