蹴り上げ虐待から保護された犬の姿に安堵の声 飼い主は今でも「早く返して」

蹴り上げ虐待から保護された犬の姿に安堵の声 飼い主は今でも「早く返して」

蹴り上げ虐待から保護された犬の姿に安堵の声 飼い主は今でも「早く返して」

散歩中の犬を蹴り上げる虐待動画が拡散し、翌日には動物保護団体の女性により保護されたことが話題になった。あれから1週間以上が経過し、保護されている現在の犬の姿に安堵の声が広がっている。

しかし、今でも飼い主から「返せ」との連絡が来るとも報じられ、ネットでは恐怖と怒りの声で溢れている。

■ツイッターで通報求め、呼びかけ

今月8日、ツイッターには、犬を蹴り上げる衝撃的な虐待動画が拡散された。動画は、飼い主の女性とその隣を歩くラブラドールレトリバーの姿から始まる。

突然、右足で犬の腹部を蹴り上げる飼い主。犬はその衝撃で倒れ込むものの、起き上がり、飼い主を見上げてよろよろと再び歩き出す。しかしその直後にまた、右足で腹部を蹴り上げる…。

「直接注意することは、怖くてできなかった」という投稿者は、この様子をツイッターに投稿し、多くの人からの通報を求め、どうしたらいいのかと呼びかけた。この動画は瞬く間に拡散され、再生数は430万回を超えたという。

■動画投稿の翌日に、保護

そして、この動画を目にしたひとりが、動物保護団体「紫友会」代表の女性だった。「一刻も早く助け出さなければ」と動画が投稿された翌日には、投稿された映像の風景や背景と地図アプリの風景を照らし合わせながら現場を特定。

広島から現場の京都市まで車で5時間かけて、保護しに向かったのだ。自分の目で犬を蹴り上げている場面を確認。警察に連絡して犬は保護された。保護されたラブラドールは、16才(人間でいえば90才)過ぎの老犬であることがわかった。

■「もう大丈夫だよ」

10日、「紫友会関西支部」が管理しているインスタグラムを更新。保護した女性は「苦しくて悲しくて」と動画を見た時の心情と「もう大丈夫だよ」と呼びかけるように綴っている。続けて、写真とともに「ゼロから始める」との意味で『零(レイ)』と名付けたことを報告した。

View this post on Instagram

ツイッターでたくさん上がっていた動画。苦しくて悲しくて。 いっぱい痛い思いをして、いっぱい苦しんで、いっぱい我慢して… なのに初めて会った私たちにも触らせてくれてニコニコ笑う姿に、気を許してお腹を触って、ってお腹を見せてくれた姿に感動が止まらない。 もう大丈夫だよ、今から始めよう。 ゼロから始める、と言う意味であなたの名前は『零(レイ)』 零ちゃん楽しいこといっぱいしようね!もっともっと笑わせてあげるからね! #ドッグレスキュー #零 #ゼロから始めます #大切な命 #もう大丈夫 #安心してね #うざいと言われても #やめない #あっちいってよ?と言われても #受け付けません? #これから治療も頑張ろうね #紫友会 #mahalobond

A post shared by MAHALO BOND (@mahalobond) on Feb 9, 2019 at 5:00pm PST

■30万円を超える協力金も

17日に更新したインスタには、30万円を超える協力金があったことも明かし、感謝の言葉を綴っている。

また、現在のレイの写真も公開し、安心してウトウトとしているような表情には、「穏やかな顔」「レイちゃんに安らかな環境を与えていただいてありがとう」とこれまでの経緯を知り、見守ってきた人達も安堵したようなコメントを寄せている。

View this post on Instagram

ご報告 皆様のご協力金で 零の飼育介護をするにあたって必要な物を購入させて頂きました。 合計 102502円 当日の夜間救急病院と 広島のかかりつけ医と通院費は 現時点で協力金から50000円を充てさせて頂きました。 30万円を超える協力金のおかげで 零に不自由なく快適な生活、そして充分な医療を受けさせる事ができております事に感謝を申し上げますと共に、今から各種手続きや交渉などに費用もかかってくる事も想定して大切に使用させて頂きます。 専門の方を雇用する費用はなく、あくまでも報酬無しが基本の活動の私達ですので、簡素な報告になってしまいますがお許し下さいませ。 また、代表の意向により 零のための協力金の受付は今月末をもちまして終了とさせて頂きたいと思っております。 引き続き見守って頂ければと思います。 ありがとうございます。 関西支部 田村 ひとみ #紫友会 #mahalobond #零ちゃん

A post shared by MAHALO BOND (@mahalobond) on Feb 16, 2019 at 9:18pm PST

■「早く返して」毎日メールや電話

しかし、「しつけだった」と虐待を否定し続けている飼い主からは、今でも毎日のように「とにかく早く返してほしい」と電話やメールがあることが報じられた。

「紫友会」代表の女性は「今あの飼い主に返したら、今度はこの子が殺される」と話しているそうだが、ネットでは現在のレイの表情へのコメントと飼い主への怒りの声で溢れている。

「暴力をしつけっていってる奴に返すわけないだろ!返しちゃいけない。老犬にしつけなんて…むごすぎる」

「あんなことしておいて、返して欲しいという言葉が返してはいけない証明」

「今、すごくいい表情してる。このおだやかな顔を奪わないで」

虐待により、重度の膀胱炎、尿路感染、股関節炎症、脾臓の腫瘍など多くの病気を併発していたというレイ。せめて余生は愛情に満ちた中でのびのびと過ごしてほしいと切に願う。

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳)

関連記事(外部サイト)