『水曜日のダウンタウン』大御所へのドッキリに「放送事故では…」視聴者騒然

『水曜日のダウンタウン』大御所へのドッキリに「放送事故では…」視聴者騒然

『水曜日のダウンタウン』大御所へのドッキリに「放送事故では…」視聴者騒然

27日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、コンビ結成53年の大御所漫才コンビ「おぼん・こぼん」が出演。番組の企画が発端で解散危機に陥ってしまう事態となった。

見届人を務めていた漫才コンビ・ナイツが慌ててフォローし謝罪する展開となり、衝撃が広がっている。

■「解散ドッキリ」が危機を招く

仕掛け人のおぼんが、ターゲットのこぼんに突然解散話を持ちかけるというドッキリ企画なのだが、2人はおよそ8年間口を聞いていない間柄。見届人のナイツ2人は検証前から「かなり攻めた人選」であると話していた。

マネージャー同席のもと話し合いの場が設けられると、おぼんは早々に「俺が何で怒っているか分かるか?」「(俺に)謝るか、謝らないか」などと切り出し、場は険悪なムードに。

マネージャーが席を立つと、お互い鬱憤を吐き出す中でこぼんから「もうスッキリさせましょ」と本当に解散話を持ちかけられてしまう。

■ナイツが謝罪、松本人志もフォロー

同番組が原因で大御所漫才コンビが解散するというまさかの事態に、ナイツの2人は現場に急行。事情を説明し、2人はこぼんに謝罪した。話し合いの末、解散の事態は免れたそうだが、VTRを見たスタジオは騒然。

検証の放送を許諾するなど、師匠コンビの寛大な対応があったことや、検証翌日も変わらぬ様子で劇場に立ち、会場を沸かせていたことなどが伝えられると、松本人志は…

「あれだけのやり取りの中で、帰らないじゃないですか。帰らないってことは、本当は僕は解散する気ないと思いますけどね。(底の方では繋がっている)のかな、と思いましたけどね」

とコメント。他の出演者からも安堵の声があがった。

■視聴者も騒然「放送事故では…」

放送を見たユーザーからも、まさかの事態に動揺してしまった、といった声が相次いでいる。

今日の水曜日のダウンタウンのおぼんこぼんへのドッキリは、放送事故系の笑えない系のドッキリや

— こと。 (@aol8u) February 27, 2019

おぼん・こぼん師匠の解散ドッキリやばいな…!マネージャーさんもだけどナイツも死にそうな顔してた?あんなバチバチの大人の喧嘩も小藪さんやまっちゃんの必死なフォローもなかなか見れるもんじゃないから、やっぱ水曜日のダウンタウンは一線を画してるともいえるか?

— ありるん (@LPv9xM3cd2A1LpM) February 27, 2019

番組で演者さんも言ってたけど、おぼんこぼんのお二人、深いとこではまだ繋がってるんだろうな。ホントに嫌いならこの年数は続かないよ。プロフェッショナルだ。 #水曜日のダウンタウン

— IZU (@IZU3tachibana) February 27, 2019

昨日の水曜日のダウンタウン…
おぼんこぼん……………怖っ?でも、それでも次の日に漫才で人を笑かしたって。凄いわ??マジで尊敬する??

— リロ (@harapeko1108ym) February 28, 2019

関係はギクシャクしていても、舞台ではプロとして人を笑わせていたことに「本物のプロフェッショナル」だと、感嘆の声を書き込むユーザーも。

■「ケンカ」する?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,357名を対象に「ケンカ」について調査を実施したところ、「よくする」「まあまあする」「たまにする」を合わせた「ケンカをしがち」な人の割合は全体で34.7%という結果に。

男女別に見てみると、女性のほうがケンカしがちな傾向があるようだ。

スリル満点な大人のケンカを繰り広げるも、そのプロ意識に感嘆の声があがったおぼん・こぼん。どうか今後も2人で多くの人々に笑いを届けてほしい。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1357名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)