芸歴19年、売れない「クズ芸人の夫」への不満爆発 「おもしろいと思ったことない」

芸歴19年、売れない「クズ芸人の夫」への不満爆発 「おもしろいと思ったことない」

芸歴19年、売れない「クズ芸人の夫」への不満爆発 「おもしろいと思ったことない」

(画像は松下ひもの・松下泰久Twitterのスクリーンショット 右/松下泰久)

「どうしても許せない人をテレビの前で内部告発する」バラエティー番組『内部告発! ゼポ女の裁き!』(テレビ朝日系)が4日深夜放送。

芸歴19年、テレビ出演なしの売れない芸人の妻が夫への不満を爆発。明かされた夫のクズっぷりに出演陣の怒りの苦言を呈した。

■芸能界を代表するゼポ女たち

芸能界代表の「舌鋒鋭い女性・ゼポ女」として、クワバタオハラ・小原正子、野々村友紀子、フィフィが登場。「許せない人」への厳しい意見を口にした。

芸歴19年のお笑いコンビ、松下ひもの・松下泰久(38)が今回の「許せない人」。これまでにテレビ出演なし、芸人としての収入はほぼゼロという松下に、妻は「売れていないくせに芸人を辞めない」と悩んでいる。

5歳と1歳の娘がいる松下だが、週3日、夜間警備のバイトで月12万円の収入しかないため、ウェブデザイナーの妻が生活費のほとんどを賄っている状況。

しかも、妻の父が所有する土地に義父の負担で一軒家を購入してもらったと明かされると、ゼポ女は「ほぼヒモ状態」だと怒りを滲ませていく。

■開き直る松下

『M-1グランプリ』『キングオブコント』では全て1回戦敗退だが、本人は「審査員と客にセンスが無い」と悪びれない。

これに、放送作家の野々村は「素人の遊びでも1回戦突破する」と呆れ顔、司会のフットボールアワー・後藤輝基からも「もう辞めてまえ」とツッコミが飛ぶ。

スタジオに登場した松下は、「すべてをわかった上で僕と結婚した。今さら手のひら返しされても訳がわからない。それが筋ってもの」と反論。しかし、小原らからは「続けるなら続けるで、家族が応援したい人じゃないとアカン」と斬り捨てられた。

■さらなるクズっぷり

相方の火物太一とネタを披露したが、厳しい空気のなかでスベリ続け静まり返るスタジオ。

ここで、今年37歳になる火物は「40歳で芸人を辞める」と突然告白、初耳だった松下は「人生は好きなことをやるべき。期限を決めちゃダメ」と説得するが、周囲は「決めたほうがイイ」と火物を後押しする。

さらに月12万円の収入から妻には5万円だけ渡しており、残りは交通費としながら実はゲームに課金していたことも判明。また、バツイチで前妻との間にも子供がいたなど、次々と松下の所業が明らかとなっていく。

■松下は反省せず

ここで妻の本音を探ると、妻は「旦那のネタを面白いと思ったことはない。売れるのは難しいと思う」とキッパリ。

面白くないと指摘すると「お前にはわかんない。舞台に立ってみろ」とキレられるため感想は言わないと吐露。さらに「子供や周囲にも芸人とは言えない」と悩みの根深さを明らかにした。

ゼポ女らから「自分勝手なだけ」「ゲームやる暇があったらネタを書け」と厳しい意見が飛び交うが、それでも松下の心には響かない。

「最悪、家の横に義父の土地が100坪残っている、それを売ればいい」と開き直る松下だったが、ゼポ女らは「なぜ妻から捨てられないって自信があるの?」と指摘。妻子を幸せにするために、芸人を辞めるかどうか「進退を見極めるべき」と助言した。

■松下の進退は…

後藤は芸人の立場から「芸人は、面白い、絶対売れるって自信がある。それで稀に売れるが大半はカス。『このまま売れなかったらカスになる』って思えてるかどうかも重要」と苦い表情を浮かべた。

ゼポ女らは「妻と本音で話し合う」「妻の実家、生温い環境から追い出す」「家族で実家から出る」と総括。「野垂れ死んじゃう」と最後まで甘えた発言を続けた松下に視聴者からも怒りの声が噴出している。

ゼポ女見てるけどこの芸人の考え方ちょっとおかしいと思う。。奥さん側に頼りっぱなしな感じ無理だわ。。

— maaaya (@Maa_xiahjs) March 4, 2019

芸人?松下ひものの松下?史上最悪のくそ芸人????

— このは (@BEKtUZDOznuiuji) March 4, 2019

松下はその後、妻と話し合い「40歳までに賞レースで初戦突破しなければ芸人引退」を決意。これから芸人人生をかけた勝負に挑むこととなった。

残された少ない時間で、芸人としてよりも、父・夫として松下が目を覚ますことを願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)