有吉・マツコは『プロフェッショナル』に出演したくない その理由に視聴者納得

有吉・マツコは『プロフェッショナル』に出演したくない その理由に視聴者納得

有吉・マツコは『プロフェッショナル』に出演したくない その理由に視聴者納得

13日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行とマツコ・デラックスがNHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』に「出たくない」と熱弁。その理由に大きな反響が起きている。

■山に登る理由

登山家のジョージ・マロリーが山を登る理由を聞かれ、「そこに山(エベレスト)があるから」と答えたのは有名な話。

この日の放送では、「雪山に登る人の気持ちがわからない」という投稿から、前述の言葉を引用し「明確な理由なんてご本人にもないのでは」と2人は予想する。

そこから話題は自分たちの仕事に波及。有吉は「『なんで人に笑われる仕事してんの?』って聞かれても、『これはこれで魅力あるんですよ』って答える(しかない)」と回答したが、「どんな仕事であっても、なぜその仕事に就いたか理由を明確に答えられる人はいない」と2人は結論付けた。

■『プロフェッショナル』に出たくない

メディアや世間が、登山家だけではなくタレントの自分たちにさえ「仕事の話を聞きたがる」と嘆くマツコをきっかけに、その道のプロに焦点を当てたドキュメンタリー番組『プロフェッショナル』について有吉が触れる。

出演したことがあるか尋ねられたマツコは「呼ばれたことねえよ」と即答。ここから有吉が同番組への想いを吐露していく。

吉本新喜劇の座長を務める小藪千豊の出演時を振り返りながら、「お笑いの人が出ると、カッコいいし感動もするんだけど、最後『プロフェッショナルとは?』って聞かれるじゃん。あれ、もう難しい大喜利だよね」と本音を漏らす。

番組ラストで「プロフェッショナルとしての自分の仕事を総括する一言」を求められる点に有吉とマツコは恐怖を覚えると明かし、「取材しますって時点から考えはじめる。もう散々出てるからパターンがない」と嘆いた。

■大喜利の答えは?

有吉は、ドキュメンタリーで密着されるのは問題ないが、最後の答えだけが難しいと主張。「まずはこれまでの大喜利の答えを全部もらう」と「プロフェッショナルとは?」に答えるには入念な準備が必要だと強調した。

それでも「もう下ネタ言うしかない。なんとなくで流すしかない」と大喜利の正解が見つからないことに頭を抱える。

マツコも「何もない」と悩んでいたが、ここで有吉が「何もない、空っぽなのが我々のいいところ」と思い直す。「誰に尊敬されたくもないし、尊敬されるような人間になっちゃダメ」と強く語った後、「こう言えばだれか尊敬してくれる」と笑った。

■悩む有吉たち

プロとして活躍する自分と正面から向き合うことになる「プロフェッショナルとは?」という問い。これを「大喜利」と捉え悩む有吉らの姿を、視聴者は楽しんだようだ。

「プロフェッショナルとは」大喜利扱いすなwww#かりそめ天国

— 冬 (@yoshitsuyo) March 13, 2019

プロフェッショナルとは?ってマジでキツそう!!!#かりそめ天国

— とも (@13y105) March 13, 2019

あだ名大喜利をさんざんやってきた有吉でも難しいプロフェッショナル大喜利 #かりそめ天国

— sindriさん (@sindrisan) March 13, 2019

有吉とマツコのプロフェッショナル
見てみたいなwww#かりそめ天国

— ? (@westakahiro) March 13, 2019

「プロフェッショナルとは?」の問いに誰もが納得・称賛する答えを用意するのは難しい。有吉とマツコが『プロフェッショナル』に出演することがあれば、最後の大喜利にどう答えるのか。2人の出した結論を楽しみにしたい。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)