『ストップひばりくん』作者・江口寿史が描く美少女は「生まれ変わったらなりたい自分」

『ストップひばりくん』作者・江口寿史が描く美少女は「生まれ変わったらなりたい自分」

『ストップひばりくん』作者・江口寿史が描く美少女は「生まれ変わったらなりたい自分」

(画像は江口寿史公式Twitterのスクリーンショット)

1980年代に大ブームを起こした、集英社・週刊少年ジャンプ連載の傑作『ストップ!! ひばりくん!』の作者・江口寿史(62)が14日深夜放送『ゴロウ・デラックス』(TBS系)に出演。数々の江口伝説の真相を語った。

■美少女へのこだわり

美少女を描き、多くのファンを魅了してきた江口。当時はタブーとされた「週刊連載での休載」を連発した影響か、徐々にイラストの依頼が増えていく。そうして人気イラストレーターとなり画業40周年を迎えた。

美少女を描くこだわりは、「自分が生まれ変わったらなりたい女性を描く」こと。生まれ変わったら女性になりたい江口は「女になれない恨みで描いている」と本音を吐露する。

■白いワニ伝説

漫画界に残る伝説「幻の白いワニ伝説」にも触れる。ギャグ漫画家は精神が削られるため「5年」が限界とされていた中、江口はそれを逆手にとって「手を付けていない白紙の原稿が白いワニに見える」と、精神が壊れ白いワニに襲われて原稿を書けなかったフリをした。

これが「白いワニ伝説」として、今なお語り継がれているという。

■『ひばりくん』の完結

少年漫画でラブコメが全盛期だった当時、ギャグ漫画家の江口はラブコメを茶化す意味もあり、「女装した男子を主役に据えたら困るだろう」と女装男子・大空ひばりを主役に据えた『ひばりくん』の連載を開始。

「少年誌では女の子がかわいいと人気が出る」ため、「ひばりくんをかわいく描く」ことに注力していくが、美少女を描くことにこだわり始めた江口は週刊連載のペースに間に合わず、原稿を放り出して逃げてしまう。

そうして『ひばりくん』は未完のまま連載終了となってしまったものの、27年の時を超えコンプリート版発売に合わせて加筆、ついに物語を完結させた。

■未完の帝王

『ひばりくん』のみならず連載してきた作品のほぼすべてが「未完」のため、「連載作品未完の帝王」とも呼ばれる江口。未完へのこだわりも明かす。

「人生は、世界は続いていく。一時期カメラを当てて、そのカメラが去っていくだけでいい。終わるのが寂しい感じがする」と物語を完結させない理由を語った。視聴者も江口から明かされた貴重な事実の数々に興奮。大きな反響が起きている。

人生は続く。
終わらせなくてもいいんじゃないかなぁ。
なんかイイよね。#ゴロウ・デラックス #稲垣吾郎#江口寿史

— ?ルミ姐?? (@Rumi_1756) March 14, 2019

終わりに近づくと寂しい感じがしてしまうから…終わらなくてもいいんじやないかと、未完のままにする江口寿史さん。確かに。ドラマとかマンガとか終わりに近づくと寂しい感じってわかるな。#ゴロウデラックス

— そらくま☆【・×・】 (@sorakumaame) March 14, 2019

「白いワニは壊れたフリ」「江口先生が描く美少女は先生自身がなりたい姿」だという若干驚きの事実をここにきて知れた事で時を経て江口寿史像の辻褄が合った気がしたwお仕事場拝見や動く()江口寿史先生の貴重な姿を拝見出来るのもゴロデラならではで本当楽しかった! #ゴロウ・デラックス #ゴロデラ

— 不夜のジョー (@tigermobile777) March 14, 2019

#ゴロウデラックス 江口寿史先生、普通に出てるな。凄い。白いワニの伝説も嘘だったとは…当時無垢な小学生は本気で信じていたのに!w

— RYO aka 嵐バラる (@ryo_singin) March 14, 2019

■漫画を描きたい

画業40周年を超えた江口は、「今年は漫画を描きたい」と展望を語った。往年のファンは喜びを溢れさせている。

江口寿史漫画描くって!本当に描くかわかんないけど、やっぱり嬉しいな

— gonen (@gonenkun) March 14, 2019

え、江口寿史が漫画家に復帰すんの? ちゃんと仕上げられんの?

— ナナシィ@クサレ外道衆 (@nanacy774) March 14, 2019

還暦を過ぎ、再び漫画の世界に飛び込むことを決意した江口。その決断を多くのファンが応援している。江口のこだわりも理解できるとはいえ、今度は「未完」とならないよう願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

関連記事(外部サイト)