海老蔵、内田裕也さんとの「険悪だった過去」を告白 その後の展開に感動拡がる

海老蔵、内田裕也さんとの「険悪だった過去」を告白 その後の展開に感動拡がる

海老蔵、内田裕也さんとの「険悪だった過去」を告白 その後の展開に感動拡がる

しらべぇ既報にもあるように歌手・俳優の内田裕也さんが、17日、肺炎により79歳にして亡くなった。その訃報を受け、歌舞伎役者の市川海老蔵が、内田さんとの過去を明かし話題になっている。

■初対面はバチバチ

その出来事を明かしたのは、18日に更新したブログ。「内田裕也さん、」と題された記事は、「じつは私は少しだけ面識があります」と綴られていく。

それは海老蔵が18歳の頃の話、偶然お店で内田さんと遭遇したらしく「よくわからない怖い人たちを従えて内田裕也さんいらっしゃいました」と当時を振り返る。

内田さんの迫力に驚きつつも、自身も若く生意気だった時期らしく「険悪なムード」になってしまい、すぐ店を後にしたのだとか。

■内田さんからの声を掛けられ…

その後26、27歳の頃にも競馬場にて内田さんと再会、「おー!ロックンロール!」といつものの口癖とともに声をかけられたようだ。

「海老蔵に話がある。だから時間くれ」とのことで日を改めて話を聞くと、自主制作映画への出演オファーをされたと明かす海老蔵。

「あまりにも壮大な話でした」と心境を吐露するも、「引き受けるかどうか迷いましたがお断りました。すみません」と結果的には断ることに。

そして、内田さんについて「お会いすると分かるのですが、怖い方のようで心の中のピュアな光が眩しい雄でした。そして何か優しくないけど優しさがある」と今まで抱いていたイメージとの変化を明かす。

同時に内田さんの妻・樹木希林さんについても「奥様もそういう計り知れない魅力に惹かれたのかな」と想像を巡らせていた。

■「胸に響くエピソード」の声

ふたりの意外な出会い、そしてその後の気さくに接してくれた内田さんとのやりとりに、コメント欄では驚きと感動の声があふれていた。

「海老蔵さんの若かりし頃を勝手に想像しながら、海老蔵さんと裕也さんとの衝撃的な出会い驚き…」

「気になる者同士は 意外と最初は反発心から始まったりしますよね」

「とっても胸に響くエピソードですね…でも素敵なお話をありがとうございます」

■ 苦手な人と仲良くなったことは…

過去の関係のまま、互いに避けあっていたらそのようなやりとりは生まれなかっただろう。

そこで、しらべぇ編集部では、全国の20〜60代男女1352名を対象に「苦手と思っていた相手と仲良くなった経験がある」かどうかの調査を実施。結果全体の役4割が当てはまり、男性より女性のほうがその傾向があることが判明した。

海老蔵はブログの最後で内田さんの冥福を再度祈り、「ロックンロール!!」と大きな文字でお別れを告げていた。

(文/しらべぇ編集部・ステさん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年3月18日〜2016年3月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,352名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)